富士通もリストラを発表。20代の若者がすべきことを考える。

この記事は約5分で読めます。

富士通が退職金を割り増しにして早期退職者の対象を45歳以上にまで拡大したというニュースが出ています。

富士通、2850人リストラ…「終身雇用終了」宣言で上場企業の人員削減に拍車

朝日新聞では昨秋から事務部門から営業に配置転換を決定し、早期退職者が2850人程度発生したと報道しています。

経団連やトヨタからも「終身雇用の維持はもう無理だ」という声が上がる状態です。リストラの対象となる45歳という年齢は、すでにその会社に慣れきってしまって今更方向転換などできない年齢。

今から同じ待遇で職を探すことはほぼ不可能とみてよいでしょう。

このような手遅れの状態にならないために、20代の若者が今からすべきこと、認識しておくべきことをまとめます。

年齢よりも大切なこと

45歳という年齢が出ているのでどうしても世代を絡めた話題が多いですが、

単に45歳だったからリストラされると単純に考えてはなりません。

確かに、人件費は若手よりもお金がかかるという面もありますが、

45歳以上の社員は富士通からいなくなったのでしょうか?

そんなことがあるはずもなく、45歳以上でも会社にとって必要と思われる人材は残されているはずです。

リストラされるかされないかということだ見れば、

何よりも重要視すべきなのは45歳という数字よりも、勤め先に自分が社員としての価値を提供できているかどうか。

仕事がデキるかデキないかのどちらなのかということです。

勤め先の企業の体力はどうか?

どこの会社でもやはり営業が一番重宝されます。会社の最前線に立って実際に売り上げを上げてくるからです。

しかし、私が務める会社でも、社内で有名なトップセールスが退職するという話を以前からちらほらと耳にします。

よく聞く話として、優秀な人材は外部からの引き合いが強く、実力のある社員が抜け始めたら、それは危険なサインと捉えるべきだというものがあります。

たとえリストラの対象にならなかったとしても、いつ何が起こるかわかりません。

地震が突然起き、たまたま震源地に社屋があったために倒壊した。ということも十分に可能性はありますし、実際にそのようなことが起こっています。

トヨタ10日は全工場停止、サプライチェーンに広がる地震の影響

勤務先に収入を頼りきっている場合、個人としていくら能力が高かったとしても、勤務先が潰れてしまえば同じように人生が立ち行かなくなってしまいます。

転職という選択肢が当然の時代

何のスキルも持たず、どうやって生きていくのか算段もせずに、

いきなり大学や会社をやめてフリーランスだ!と言う人は少数派でしょうが、

「現在勤めている企業で定年まで働き続けるというイメージが湧かない…」

そのように感じている若者は日本中にいるでしょう。

何しろ日本の経済団体と企業のトップが揃って終身雇用は無理だと言っているのですから。

雇用が定年まで守られないというのであれば、年功序列の人事や賃金体系ではロクに資産を作る準備もできないまま、リストラの対象になってしまいます。

それなのに、老後は2000万円足りないだとか、年金は自力で準備しましょうという流れと同時に、できる限り長く働くように制度改正が行われています。

今は定年が65歳ですが、健康で働けるのであれば定年の撤廃などは可能性は当然にあるものでしょう。働く期間は長くなる一方です。

雇用は継続しない、労働期間は伸びる。と慣れば、転職や再就職は当たり前のものになるでしょう。

早い段階で決めたのはむしろ英断かもしれない

景気が悪くなってきたら企業が人切りをするのは仕方がないのかもしれません。

会社を潰してしまうわけにはいかないですし。

今回、たまたま早期退職者の対象拡大という判断を、富士通という名のある大企業が早い段階で行なったからこそ盛り上がっていますが、

この流れが今後も他の企業で続々と続いてくる可能性はもちろんあります。

そうなると求職者が労働市場に溢れてくるわけで、後から市場に流れてくるほど次の仕事を見つけることが難しくなります。

不景気の足音がそろりそろりと聞こえてきますが、本当に不況がやってきた場合、社員を早めに労働市場へ出したからこそ比較的すんなりと次の職に就くことができた。

こんな具合に報道でもされて、英断と称えられる日がくるのかもしれません。

20代の若者ができること・すべきことは?

ここまで書いたように、雇用が守られるという保証が無くなった(元から無かったが)今、20代の若者にとって何をすべきなのでしょうか?

  • 健康を維持
  • 仕事で実績をあげる
  • 目立つ実績はなくとも経験を積む
  • 資格をとる
  • 適切に勤務経験を積む
  • 金融リテラシーを高める

私はこれらのことに取り組むことで、少なくとも生きていくことに困ることはないと考えています。

何よりも大切なのは健康です。職を選びさえしなければ働くことはでき、働くことさえできれば収入は途絶えません。

贅沢な暮らしはできなくとも食べていくことは維持できます。

仕事や資格に関連することは、職業の選択肢を広げることにつながります。福利厚生、給与などの待遇に差があるので、

少しでも待遇の良い企業を選ぶため、自分自身のスキルと経験を積む必要があります。

金融リテラシーも重要です。別に投資をして利益を上げろということではありません。

20代の貧弱な元手で大きな利益などあげることはそもそも不可能です。

私たちの直近の行動目標は資産を作るためのタネとなる貯金をすることです。

そのためには、お金に関する知識を蓄え、無駄な出費を抑えつつ、必要なお金は惜しみなく払い、稼ぐことができるようになることを目指す必要があります。

まとめ

景気後退の兆候とされることやリストラの動きが盛んになっています。

消費税や年金の相対的な不利にある状況ですが、現状を嘆いても何も変わることはありません。

将来、人生に行き詰まることがないように勉強して知恵を蓄え、バリバリ仕事をして稼ぎつつ、スキルを身につける。

これから長く生きていくことになる私たちにとってすべきことは基本的にこれ一択です。地道に一つずつ進めていきましょう。

コメント