米国におけるキャッシュレス化の現状 ニューヨークだより2019年4月 JETRO/IPA New York

お金
nvtrlab / Pixabay
この記事は約4分で読めます。

2018年頃からキャッシュレス化が急速に広まっている。

日本でもPayPayやメルペイ、LINEpayなどが大々的にキャンペーンと共にキャッシュレス決済を打ち出している。

日本の現状について知ることも大切だが、(日本のキャッシュレス決済の現状)

技術革新の本場であるアメリカはどうなのだろうか?

日本が貿易する上で重要な役割を持つ政府系の組織にJETROというがある。

今回はJETROが公表しているレポートからいくつか引用しながらアメリカのキャッシュレス決済の現状について調べてみる。

 

地域別の非現金取引件数の推移

現金を使わない取引の件数は北米と欧州が半分近くを占めているが、現金を使わない取引件数の伸び率は新興国が高い。

キャッシュレス化が進んでいる国のランキング

↓の表では、クレジットカードの保有数、キャッシュレス決済の成長率など、

複数の項目をもとに点数をつけて各国のキャッシュレス化の進み具合をランキング化している。

この中から特徴的だと言えることをまとめると、

  • 一人当たりクレジットカードの保有枚数はカナダがトップで2.16枚、日本は0.67枚
  • 一人当たりデビットカード保有数は日本がトップで3.3枚、中国が3.28枚
  • コンタクトレス機能を有するカードの割合は中国がトップで56%、日本が26%
  • 過去5年間のキャッシュレス決済の成長率は中国が100%、日本は12%、
  • 現金以外の決済手段の占める割合はカナダ、スウェーデン、英国、フランスは50%以上、日本は14%
  • 利用可能なモバイル決済サービスを認識している人の割合は中国がトップで77%、日本が27

中国の5年間のキャッシュレス決済の伸びは断トツで高く、急激にキャッシュレス決済が伸びている。

GDPに占めるカード決済及び現金流通高の変化

・キャッシュレス決済は増えつつも、現金の流通残高も増えている

現金が使われなくなっているのはロシアとスウェーデンくらい。

 

現金で買い物をしている米国民の割合と年間所得別の現金活用状況

  • 米国民の7割程度が現金を使って買い物をしている(左)
  • 所得が3万ドル以下に多い
  • ミレニアル世代ではデビットカードが人気

まとめるとこのようになり、低所得者は現金比率が高いことがわかる。

キャッシュレス化がアメリカでは進んでいるという話があるが、

全員がキャッシュレス決済を使いまくっているというわけでもない様子。

もともとデビットカードが使われ始めたのは、小切手や銀行の出納係の処理を簡略化するためという経緯がある。

VISAやマスターカードは先にクレジットカードのサービスを提供していたがデビットカードでの決済も受け付けたことなどからデビッドカード決済が普及している。

米国で毎月2回以上取引を行っている主要モバイル決済サービスのアクティブユーザー数

モバイル決済ではペイパル一強になっているが、その理由は、傘下のVenmoの普及が背景にある様子。

このことに危機感を持った大手金融機関は、30行以上が共同で利用できるZelleという決済サービスで対抗している。

海外と比べると日本のキャッシュレス化は遅れているという話で、

2020年のオリンピックや2025年の万博が開催された際には、

周辺のお店がキャッシュレス決済に対応していなければ、

せっかく何か買う気になったとしても買うことができない。そんなことが起こりかねない。

日本人観光客の数は増え続けているものの、落としてくれるお金をさらに増やすためには

やはり現金以外の決済の比率は増やさなければならないと考えているのは、経産省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」からも読み取れる。

ところで、米国のデータにあるように低所得者層は決済時現金比率が高くなっている。

キャッシュレス化が進んでいると言われるアメリカですらそのような状態なのだから、

保守的な日本ではさらにキャッシュレス化は進みにくいのは仕方がないことなのかもしれない。

しかし、2018年から突如として始まったペイペイやLINE PAYなどのキャンペーンによる大盤振る舞いぶりを見ても、

日本市場でのキャッシュレス決済のシェアをとるための動きは活発になっている。

消費者側にメリットがあれば、韓国のようにキャッシュレス決済の利用者は増えるだろうと思われるため、

少しずつでも、キャッシュレス決済は広がって行くのだろうと思われる。

しかし、キャッシュレス決済は便利な一方、7payの犯罪被害と撤退があったように悪用される可能性もあるため、セキュリティに対する知識と意識が必要になっている。

https://find-best-practice.com/2019/07/08/7pay

参考

今回、参考にさせていただいたレポートをこちらにまとめる

米国におけるキャッシュレス化の現状、JETRO

 

コメント