「どろろ」24話「どろろと百鬼丸」感想

この記事は約5分で読めます。

「どろろ」が最終回を迎えたので感想を書きたい。

このサイトではしっかりと追えていなかったけど、

1話から見てどハマりしたので、せっかくだし書いとこうかと。

アニメを全て見た人しかいないと思うので、

各キャラクターの最後について感じたことを簡単に。

琵琶丸

旅の道中、事あるごとにどろろと百鬼丸と出会い二人を見守ってきた琵琶丸。

傍観者のような立ち位置でありながら、どろろが両親から受け継いだ「力」の使い方について諭したり、

百鬼丸が修羅の道に落ちることのないように言葉をかけてあげたりと、

アニメでは描かれないどろろと百鬼丸のこれからに大きく影響を与えた人物だったと思う。

最終盤ではところどころで三枚目が言いそうなセリフを言って、

重くなっている展開をほんの少しだけやわらげてくれたりもしたりと、

脇役ながら重要な役回りをこなしてくれたので、琵琶丸というキャラが居て本当によかった。

最後、どろろと百鬼丸を井戸から引き上げる時に、若干いちゃつきかけたのはちょっと腹たってそうだけどw

百鬼丸の家族の問題で終始する中、完全なる部外者でありながら、

捨てられた百鬼丸を最初期に見つけた人物であり、

醍醐家に起こった騒動を始めから終わりまで見届けたという意味で

百鬼丸とは強い縁のある人物のようなので

百鬼丸が旅を最終回で始めたけども、琵琶丸も村に残らず旅を続けるのなら、

今後もどこかでと会うことになりそう。

脇役ながら「どろろ」という物語になくてはならない存在だと思う。

この作品の中で一番好きになったキャラクターだった。

脇役好きなんだよな。

寿海

百鬼丸に女性の木彫りを届けるために燃え盛る醍醐の屋敷へ向かうところはちょっと狂気を孕んでいる感じがする。

もともと贖罪のために死体に体の一部をつけていたり、

物の怪に襲われた時の様子を見ても死ぬことに抵抗がないというか、

死に場所を探している感があった。

寿海も百鬼丸を育てた親として特別な気持ちを持っているのは間違いはないけど、

全ての言動に過去に自分が行ってきたことへの償いのためという動機が絡んでいるようにも感じて、

敢えて悪い言い方をすると、百鬼丸のために木彫りを届けてあげることで、

自分が自分を許すことができる。そのために百鬼丸を利用したという印象。

いや、寿海はとても好きなキャラなんだけど。声優が大塚さんだし。

最後には幸せそうな百鬼丸を見ることができたので、寿海も幸せな気持ちになれたと思う。

縫の方

良くも悪くもお母さんだなという感想。

生まれた時とばんもんでしか百鬼丸を見たことがないのに、

心配すぎて屋敷を抜け出して自分で動き出してまうあたり行動力ありすぎる。母は強し。

一度は ばんもん で百鬼丸を捨てるしかないという結論になったのに、

結局、その決断を徹することができなくてどろろを逃がしてしまったりと、

もう少しのところで醍醐家の安泰を阻んでしまっていたりするのだけど、

その都度、縫の方の気持ちを描写していて、母親なんだなぁと思う。

多宝丸

百鬼丸も可哀想な生い立ちを持っているけど、多宝丸も不憫さでは負けていないと思う。

豊かな国で育つことができ、陸奥や兵庫といった小さい頃から大事にしていた仲間もいたものの、

母親が自分ではなくいつも他の誰かのことばかり考えているというのは子供心にとても傷つくと思う。

多くは百鬼丸の視点から語られるので、ついつい百鬼丸の方を応援したくなるんだけど、

立場が逆だったとしたら、多宝丸を応援したくなるはず。

そりゃあ誰だって自分の知らない奴のために自分の国が脅かされているとなれば

敵視するし排除しようとするのは当たり前だと思う。

その気持ちも最後には晴れたから死に際では幸せだったのかもしれない。

多宝丸も百鬼丸も生まれた境遇のおかげでなるべくしてなった感があり、

そもそもお父さんの景光が鬼神との取引をしなければこのようなことにはならなかったと考えると、

お父さんの野心に振り回された被害者の筆頭という印象。

景光

国が病と飢饉に脅かされ、城は焼け落ち、家族も亡くし、

それでも地獄道で天下を取るという野心が消えないという欲の塊のような人だった。

自分勝手で家族や国を巻き込んで振り回していることを自覚しつつ、

それでも野心を捨てない強情なところ、実は結構好きだったりする。

誰にでも、「こうありたい」、「こうなりたい」っていう気持ちがあると思うけど、

そういう自分の中からふつふつと湧いてくるものって中々手放せないと思う。

で、直前まで野心に燃えていたはずが、

百鬼丸に見逃された後、結局折れてしまって鬼神との取引を後悔してしまうところがまた人間臭くて好きなんだよな。

百鬼丸・どろろ

主人公ながら、醍醐家の問題はそれなりに綺麗に片付いてしまったのでなんとも言えない。

最後はやっぱりどろろと別れて旅立つシーンがあれば、もっと「あぁ寂しいな」という気持ちになれたかもしれない。

後にまで尾をひくようなビターな終わり方も好きだけど、

今回のように綺麗なハッピーエンドで終われたのでこれはこれでよかった。

「空が綺麗だ。どろろが綺麗だ。」のくだりは狙いが分かりやすすぎるけど嫌いになれないので、

成長したどろろと百鬼丸が出会うシーンを想像するととてもほっこりできそう。

ツイッターにあげられているファンアートはそういうのが多くて楽しめると思う。

1話目はしゃべることができず、話すことができるようになっても片言で、

人形のような印象しかなかったけど、回を追うごとに人間らしさを感じるようになったのは声優さんの演技の賜物だと思う。

多宝丸と百鬼丸の声優さんで比べると多宝丸の方が上手いけど、

逆にそれが百鬼丸の人間ぽくなさを表している感じがしてまたよかった。

旅をしてまた帰ってきた頃には流暢に喋れるようになっているかもしれない。

成長したどろろを見ていじるようなことがあるかもしれないし、

あんまり変化がなくて、成長したどろろに気づかないとかポンコツ感が拭い切れていないみたいな展開も面白そう。

個人的には綺麗に完結してくれる方が好きなんだけど、

今回のように後にも続くような終わり方も色々と想像して楽しむことができるからいいよね。

また時間ができたら原作の方も読んで見たい。

コメント