考えるべきことは通勤電車で済ませると仕事が捗る。

この記事は約4分で読めます。

以前、こんなことを書いた。

タスクを溜めないコツ=悩む時間を減らす

意味なく考える時間を減らすことで仕事が捗るという話。

仕事ができるのは業務時間中に限られる。(仕事が面白くないだとか嫌いだとか言う話は一旦横に置いておく。好き嫌いに関係なく、やるべきことをやるための時間が取れると言う意味)

手を動かすことができる時間は決まっているのに、

その時間で悩んだりあれこれ考えていても意味がない。

やるべきことを把握して、スケジュール通りに進める必要がある。       

わからないことはすぐにでも知っている人に聞くべきであるし、

自分の知っている範囲内で答えが出せることなら、

できるだけ作業時間が減らないようにした方が仕事が早く進む。

実際、試してみるとやはりその通りだったと感じた。

手が止まらなければ本当に仕事が捗る

このサイトに書いていることは、自分の経験談が多い。

思ったことを試してみて、上手く行った/上手くいかなかった。

その過程を書き残しておけば、あとから振り返ってみると役に立つこともあるかもしれないからだ。

そして先ほどの記事を書いた翌日、書いたことを実行してみたのだが、

確かに効果はあったと思う。

試したと言っても、注意したのは2つだけ。

  • わからないことは聞く
  • 雑でもいいからまずは完成させる

一番効果があったのは、一人で悩むことをやめたこと。

具体的な話で言えば、私はある案件を担当している。

社内の業務効率化に関することだ。

記事を書いた数日後に進捗報告の場が予定されていた。

そのための資料を作っていたのだが、案件はその時点ではつまずいていた。

いわゆるクリティカルパスと呼ばれるところから先に進めず、

クリアしようにもその前段階で問題が発生していた。

進捗報告の場なのに、予定通り進んでいなければならないような強迫観念があったため、詰まっていることを書くに書けないという心理状態だった。

いつも通りならここで締め切り当日くらいまで延々と悩んでいたのだが、

今回は悩むことはやめて、とにかく完成を優先してそのままその資料を持って先輩に聞いてみた。

すると、その詰まっているところをそのまま報告すれば良いと言うアドバイスをもらうことができた。

前述の通り、スムーズに進んでいなければならないという気持ちがあったので、相談しても良いということに気づかなかった。(考えてみれば当たり前の話なのだが・・・)

アドバイス通り、進捗状況と現状の問題点の説明に注力した。

どうするべきか?と言う体で報告したのだが、

別に何事もなく解決法がその報告の場で出てきて取り組むことになった。

「なーんだ。こんなもんか」と思ってしまった。

何が言いたいかというと、

自分だけで悩んでも解決しないことはさっさと人に聞いてしまえ。

というその一言に尽きる。

答えが出ないことに対して時間をかけても質は良くはならない。

それならその段階で相談に行くことで道筋を教えてくれる。

考えごと調べ物は通勤・退勤中にする

わからないことは人に聞くべきだが、

仕事のすべてが作業と不明点の確認に分けられるわけでは当然ない。

案件のゴールまでのスケジュールやタスクの洗い出し、

その他考えるべきことたくさんある。

しかし、出勤してからそのことを考えているとやはり作業時間がなくなってしまう。

とは言え、家に仕事を持ち帰ってもやる気は出ないし、

社内の資料や情報を持ち帰ることは重大な問題になる。

仕事は好きだが、帰宅後もやりたいとは私は思わない。

だから、通勤・退勤中に考えごとをするようにしている。

満員電車の中では本を読むなどはできない。

スマホゲームは時間を浪費しているだけなのでやりたくない。

休みの日は徹夜するくらいにはゲーム好きだが、

どうせやるならすポチポチ・チマチマとやるのではなく、

アクションでも頭脳系でもいいから、ガッツリ対戦するゲームの方が圧倒的に面白い。

話が逸れたが、通勤・退勤の時間は40分ほどある。

どうせロクにできることがないのだから、その時間で仕事のことを考えてもバチは当たらない。

仕事のことを考えたくはないという気持ちもあるが、

どうせやらなければならないことだ。

多少嫌だったとして後伸ばしにしても苦しいだけなのだから、

さっさと終わらせて楽になればいい。

まとめ

今ではこのような考えになっているので、調べ物や考えごとは通勤と退勤中にしている。

業務時間中にじっくり1時間も2時間も考えるようなことはない。

作業中の合間に複数の案件についてそれぞれ考えるべきことがあるので、時間がたくさん必要なように感じるが、

実際のところ、本当に必要な考えごとは1時間は越えないはずだ。

逆にそれ以上に考えごとがあるのは、仕事量が多すぎるかあるいは時間を無駄にしていないだろうか?

携帯のメモ帳にでも考えるべきことを書き出して思いついたことを書きつけているだけでも、その日の仕事がかなり捗る。

20代仕事
シェアする
柳をフォローする
BEST PRACTICE

コメント