集中力が必要な仕事は午前中に済ませ、単純作業は後回しにする。

この記事は約2分で読めます。

集中力のいる仕事は午前中、単純作業は午後に回す

人間の集中力は朝の方が持続する。

睡眠をしっかり取ってさえいれば前日の疲れが多少残っていたとしても、仕事のパフォーマンスは良くなる。

集中力のいる仕事はどうせ大変な仕事が多い。

早めに済ませておかないと、ずっと後にまで「あれやらなきゃな・・・」という気持ちを引きずる事にもなる。

いつかは終わらせなければならないのだから、体力と集中力の残っている朝の間にさっさと済ませてしまう方が良い。

重い仕事がなくなれば後の気分はずっと楽になる上に、

一番大変な仕事から片付けたのだから後は楽になる一方だ。

逆に、簡単な仕事や単純作業は頭を使う必要がない。

そのため、1日の中で疲れてきた時のために残しておいた方が全体的な効率は良くなる。

タスクの消化状況によって柔軟に

やるべきことがたくさん残っている・・・

という状態は、自分が想像している以上にストレスのかかっている状態になる。

やらなければならないことが多すぎると、忘れないように頭の片隅に残っているし、忘れてしまわないようにどこかで意識を割いてしまう。

いくら単純作業は後回しにした方が全体の仕事の成果物の質が良くなるとは言っても、

ストレスがさらされた状態では上手くいかないことが多い。

仕事の大小に関わらず、一つ終えることができたらほんの少しは嬉しさや達成感があるはず。

そうでなくても、一つ仕事からは解放される。

「タスクを消化した」という感覚は特に仕事が溜まっている時には気持ちに余裕が生まれるので、

整理しきれないほどの仕事がある場合は、やりやすい仕事から手をつけるという方法もアリだ。

優先順位をどうつけるかは、その時の自分の状態と仕事の量によるので、適宜決める必要がある。

午後に一度スケジュールの見直しをする

昼ごはんを食べた直後か、その次の休憩を取ったあたりで、その後のスケジュールと明日のスケジュールを考えてみるのも良い。

終業まで集中力が持ちそうなら多少重めの仕事をやってみても良いし、ダメそうなら軽い仕事に切り替えても良い。

同時に明日のスケジュールも含めながら考えることで日程の融通を聞かせることもできる。

ただし、突発的に他から仕事が舞い込んでくることも多いので、できる限り仕事は後にずらすべきではない。

タスク管理と時間管理も自分の仕事のうちに含まれる。体調などはよほどのことがない限りは自分にしからわからないので、

自分と相談しながらうまくやりくりしていく必要がある。

仕事
シェアする
柳をフォローする
BEST PRACTICE

コメント