20代サラリーマンがプログラミングを学んだらどう活かせるか[転職?副業?独立?]

この記事は約4分で読めます。

pythonを勉強中

今、私はpythonを勉強している。

近年人気が上昇中の言語で、読みやすく書きやすい。

ライブラリやフレームワークも多数用意されているため、開発もしやすいという話をよく聞く。

義務教育にもプログラミングが取り入れられる。

10年か20年もすると、プログラミングを知っていて当たり前の人々が仕事をするようになる。

そのころ、今の20代はちょうど中年の世代。

自分たちが学校では習わなかったことを当たり前のこととして備えており、

自分たちが全く知らないことをさも当たり前のような顔をして進めていく。

近頃起きていることと同じように人員整理でもあれば、

「努力が足りない」と冷たい言葉とともに切り捨てられるような未来が来るかもしれない。

そう言う怖い未来をイメージしながら勉強している。

しかし、ただ勉強すると言っても、

一体どう活かせば良いのかが漠然としている。

なので、この記事ではプログラミングをどう仕事に活かすことができるかを考えたい。

プログラミングが役に立つ場面

  • 本業の業務効率化
  • クラウドソーシングで受注
  • エンジニア職への転職
  • フリーランスとして受託
  • 趣味の範疇で開発
  • 独立してサービスを開発する

仕事は何も今勤めている会社での仕事を指すわけではなく、

転職なども含めた働き方全体をイメージしている。

その前提で仕事に活かせる場面というと、

↑に書いてあるような場面で役に立つのではないだろうか。

本業の業務効率化

エクセルのマクロ機能もあるが、

今まで単純作業を毎日繰り返していた業務は、

何かプログラムを一つ組むだけで自動化することができるかもしれない。

これで直接稼ぐことができるようになるというわけでもないが、

業務効率がアップすることで、残業しない・他の仕事に集中できるなどメリットは多いはず。

クラウドソーシングで受注

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングのプラットフォームを利用することができる。

受注できる案件は現在できることに限られる。

モチベーションを高く維持できれば、やったことのないことでも業務をしながら勉強する人もいるかもしれない。

何軒か数をこなせば副業としての働き方を確立できそうだと感じる。

エンジニア職への転職

実際にプログラムすることを専門の仕事として企業で働くことも可能になる。

業界や職種で仕事の習慣が異なるため、

エンジニア職として勤めなければわからないことも多いはず。

実際の開発の現場というのを生で感じることができるのはこれしかない。

フリーランスとして受託

世の中にはフリーランスで完全リモートワークで働く人もいるという話がある。

固定客など、会わなくても仕事ができるほどに信頼関係と技術力がなければ難しそうだとは思うが、

もし、ここまでに至ることができれば働き方は自分で決めることができるので、

仕事や顧客も自分で選ぶこともできる。

その分、雇われている間は気にせずに済んでいたことについて、

考えなければならなくなることで大変さも増すとは思うが、

相当自由度の高い仕事ができそうだ。

趣味の範疇で開発

趣味の範囲がピンキリなので一概には言えないと思うが、

勉強してちょっと知っているというくらいの状態から、

ゴリゴリにサービスを開発して売り上げ上がっています。という人まで

幅が広そうではある。完全に自分の意思で作ったり作らなかったりができるので、

自由にやることができる。今pythonの勉強をしているが、

とにかく何かを作ったという経験がないのがとても気になる。

なんでも良いから成果物を作り上げたいので、学習用サイトの無料分が終わったら調べながらbotなんかを作ってみるのも良いかもしれない。

独立してサービスを開発

フリーランスとして受託する働き方と比べると自由度は減るかもしれないが、

仕事が順調に進み、自分一人だけでは回せないほどの仕事量になってきた場合、

法人化して人を雇いながら開発するという方向に向かうものなのかもしれない。

自分がここまで行けるとは今全く思わないが、

語るだけならタダである。

ステップアップで取り組む

途中で挫折する可能性はもちろんあるが、

上に書いた順番でスキルアップとステップアップを兼ねて、

プログラミングに取り組むことが一番の王道ではないかと思う。

勉強するべきことは多い

この記事にも書いているが→「起業のWeb技術

本気でエンジニアとして仕事をしていこうとするなら、

エンジニアとしての技術に加えて、仕事を受注するための営業力や、お金の管理をするための経理スキルなど、

他にも必要なことはたくさん出てくる。

やるべきことは多いが、慌てることなく、まずは基礎知識を蓄えるところから始めたい。

コメント