[映画]アトミック・ブロンド[レビュー・評価]

この記事は約3分で読めます。
映画『アトミック・ブロンド』予告編

作品情報

あらすじ

1989年、東西冷戦末期のベルリン。

世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。

イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、

ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。

ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。

彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。

リストを狙い、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。

誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?

Amazon Prime Videoより引用

見所(ネタバレあり)

ロレーン(主人公)のビジュアル

場面ごとに髪型、髪色、服装を変えてロレーンが登場する。

スパイなので潜入するときに変装するからという、

至極真っ当な理由が存在するので、

毎回服装や髪型が変わることにも違和感がない。

個人的にはこの先に書いてあることの方が見所だと思っているが、

身長が177cmもあるシャーリーズ・セロンの良さを活かすために、

ビジュアルにもかなり力を入れているのが見て取れる。

シャーリーズ・セロンが制作にも関わっているので、

本人発案ではないかと思われる。

ロレーン(主人公)の格闘シーン

スパイ映画のアクションシーンを見ると、

どうしても「007シリーズ」や「ミッション・インポッシブル」との比較になるが、

それらと比べてみても全く見劣りしない。

というよりも、むしろこの作品の方が良いとさえ思える。

とにかく爆発させておけば良いとか、

とりあえずハデな絵面があれば良いというような発想はない。

格闘シーンも異常なまでに主人公が強いということはなく、

(最終的には全員殴り倒すが)

意外とローレンも苦戦して血みどろの肉弾戦を繰り広げてくれる。

他の作品だと、一発殴っただけで起き上がってこないことがよくあるが、

この作品では「これならもう起き上がれないわ」と

納得するやられ方をするまで敵と戦うので、

アクションシーンも相当な見所になっている。

裏切り合戦

この映画には何カ国からかのスパイが登場し、

それぞれの思惑を持って動いている。

登場人物は基本、スパイ映画らしく(?)自国の利益のために

お互いに裏切り合う関係になる。

冒頭からある人物の裏切りを匂わせる始まりになっている。

ローレンはイギリスの諜報機関に所属しているが、

誰がどういう意図を持って動いているのか?

1回目で見抜くことは難しいが、

考えながら見るとより楽しむことができる。

また、映画の中で全てを描写しているわけではなく、

意外と謎解き要素のようなものも含まれており、

答え合わせ、もしくはもう一度考えるために

2回目、3回目と繰り返し見て楽しむことができる。

レビュー・評価・感想

関連作品

シャーリーズ・セロンの出演作品はハンコックなどがある。

ハンコック – 予告編

ロレーンの上司を演じているトビー・ジョーンズは、

「裏切りのサーカス」でも同じMI6に所属している。

日本で言う名脇役的なポジションの方ではないだろうか?

映画『裏切りのサーカス』予告編

映画
シェアする
柳をフォローする
BEST PRACTICE

コメント