平均年収(500万円)以上欲しいならフリーランスよりも会社員の方が無難

20代
iBrand / Pixabay
この記事は約4分で読めます。

日本の平均年収はH29年時点で男性が531万円、女性が287万円とされているが、

お金はいくらあっても問題はない。できれば平均年収くらいは維持したいと思うのが人情だと思う。

近頃はフリーランスとして働く人が増えているように感じるが、

働き方が多様化する中で、年収500万円以上を得ようとするなら、どのような形態で働くことが一番良いのだろうか?

フリーランスとしての働く人々に対して行われた調査の結果から考えたい。

年収500万〜999万は雇用者の方が割合が高い

まずはこちらの図から。

500万以上の所得の割合

所得が500万〜999万円にある人々の割合を示した図になっている。

中身を見てみると、圧倒的に自営業主の方が割合が少ないことがわかる。

次に、こちらの図。

所得1000万円以上の割合

2000年以降は自営業者と雇用者の割合は同じで推移している。

これらの二つのグラフからわかることは、やはり会社員が安牌だということ。

1つ目のグラフでは、年収(本当は所得)が500万円以上の割合は圧倒的に会社員の方が割合が多い。

いかな文句があったり、問題があったとしても、

平均年収を上回ろうと考えるのであれば雇われとして働いている方が可能性は高くなる。

しかし、2つ目のグラフを見てみると、1000万円以上の年収(所得)を得ている人々は、

正社員も自営業もそう割合は変わらない。

高い年収を狙いたいが、学歴による足切りを受けてしまうなど、

現実的に考えて難しい場合は、リスクを取って独立して働くしかないのかもしれない。

学生の頃に抱いていた勉強する意味があるのかという疑問に対しては、

無難に平均以上の収入を得ることができるという点では意味があったのかもしれない。

話は変わるが、確たる根拠はないが「独立して一発事業で当てる。」という言い方がされるように、

とんでもなく年収が高い人々は自営業者の方が多いと思われる。

正社員として雇われていたとしても、賃金を決めるのは会社側であることが多いからだ。

フルコミッションの営業のような仕事をしていない限りは、よほど高い年収を得ることは難しい。

フリーランスと言っても実質会社員は多い

まずはこちらの図を見てみる。

実はフリーランスの総数としてはこの数十年間で減少しているのだが、「雇用的自営業」の割合は増えている。

「雇用的自営業」とはこのレポートの中では、特定の発注者に依存する自営業主のこととされている。

つまり、受注先が1つしかないようなフリーランスのことを指す。

フリーランスは何となく不安定だと考えられるのが一般的かと思われるが、

それは、このことがその理由にあるのではないだろうか。

確かに、会社員は会社が潰れてしまえば生活が立ち行かなくなってしまう点で、決して安定だということはできないのだが、

フリーランスは受注先が特定の顧客だけに限られているような状況にある限り、より収入は流動的になる。

実質的に特定の受注先に雇用されている状態とあまり変わらない。

だからこそ、仕事を取っていくために営業やマーケティングなどを行う必要がある。

フリーランスの方が大変だと言われる理由は、自分で仕事を取りに行く必要があることにあるのではないだろうか。

会社員であれば、悪い言い方をすると仕事は勝手に降ってくる。

誰かが勝手に決めた仕事を、別にやりたくもない自分が請け負うということもある。

しかし、フリーランスから見てみれば、何もしなくても仕事が降ってくるという状況は果てしなく羨ましいものなのかもしれない。

営業が嫌いで避けている人にとってはそもそも独立することは向いていないかもしれない。

営業を雇うという選択肢もあるが、常にその分の人件費がかかる。

ネットで集客ができれば実質的な会社員として働く状態は解決するかもしれないが、

つまりそれは独立の際に、仕事を取ってこれるだけの技術力と営業力が必須であることの裏返しでもある。

やはり独立して働くことは簡単なことではない。

まとめ(年収1000万円は資質による)

今回、参考にした統計からみると、平均年収以上を得るためであれば、会社員として働く方が無難だという結論になる。

自営業は不安定だという言い方は凝り固まった偏見のように感じなくもないが、完全に間違っているというわけでもない。

感覚的にも正社員の方が無難に平均以上の年収を得られるということが予想外だという人は少ないと思う。

しかし、意外だったのは年収(正確には所得)1000万円以上の割合は、雇われて働く人も自営業もそれほど割合が変わらないということ。

このことからみれば、年収1000万円を得られるかどうかは、会社員やフリーランスという働き方の違いで生まれるものではない。

働き方には関係なく、それだけの金額を稼ぐことができる本人の資質や能力によるところが大きいということではないだろうか。

20代の会社員として生きていく上では、将来を見据え、自分にとって適切な働き方を探し続けていくことが大切になるが、

それと同時に、自分自身のスキルを高めていくこともかなり大切になる。

 

参考

今回参考にさせていただいたレポートをこちらで紹介する。

コメント