レポートライン(報告対象)が多いと途端に仕事が進まなくなる

この記事は約3分で読めます。

少しグチっぽい内容になってしまう上に、解決策があるわけでもない話をしたい。

報告対象が多いと仕事が進まなくなると言う話。

どんな仕事にも必ず上司や役員への報告とレビューがある。

仕事の楽しさの要因の一つに、どれだけ自分に裁量があるかという点がある。

裁量の大きさは自分で決めるられることがどれだけ多いかによるので大きい方が良く、

必然的にレビューも少ない方がスムーズに進む。

しかし、若手社員が好き勝手に作ったものをそのまま使うとどんな恐ろしい事態になるかもしれないので、レビューは必ず必要になる。

とはいえ、報告対象が増えるにつれてうまく仕事が進まないことの多いこと多いこと・・・

レポートラインの多さ

成果物をあげるまでの道のりが自由な仕事は営業以外にはほぼ無いことはわかっているが、

そうは言っても、報告を通さなければならない対象があまりにも多いと途端につまらなくなる。

1回誰かへの報告を挟むだけで、そのためのドキュメント作成やスケジュールの調整に手間と時間がかかるからだ。

報告を受けてレビューをする人物が多いと指摘事項が増える。

アドバイスや指摘事項をより多く受けられるのは良いことなのだが、

レビュー者で考える方向性が違うと面倒なことになる。

上司A、上司Bは①の方向へ進みたいのに、役員Cは②の方向へ進みたい。

というようなことが起こると、最終的には役員Cの考える方向性に進むことになるが上司A、上司Bの言うことも無視できない。

しかしそれを反映させようとすると矛盾する部分が出てくる。。。こんなことがよく起こる。

逆の場合も同じで、役員Cからの指示を受けて進めていた仕事があったが、

そのことを途中で聞いた上司A、上司Bが途中でそのことを知って一旦止めに入る。

仕事を進める上で取った手段はいくつかの案を提案した上で役員が選択したことなのだが、

その手段が本当に正解なのかと言う前提から問われることもある。

実際に役員が選択した手段よりも良い方法があったりするから困る。

レポートラインが多いと、たくさんの意見を吸収することはできるのだが、

意見の食い違いを調整して進めていくためのいわゆる「根回し」のようなことをする必要が出てくる。

この「根回し」とか言われる文化に倣ってやろうとするときも、できるだけそれぞれの意見の食い違う部分を伝える際には言葉を選ぶ必要があり、

その選択を間違えれば火事になるかもしれない。

本当はこっちの方が良いと思う選択肢がありながらも、摩擦が起こらない事なかれ主義に傾いてしまっている自分がいる。

発火することを恐れるのは良くないが、かといってわざわざわ火を灯す必要はないししたくもない。

たぶん、こう言うことを続けて経験していくと日本のサラリーマンというイメージの範疇に収まる社員になっていくのだろうと思う。

文句を言っていても何も変わらない。

仕事の内容や生活のことを考えると、安易に転職をしてもうまくいく可能性は低い。

きちんと準備をして、自分のやりたい仕事ができる環境を作るためにしていく必要がある。

そのための道具になるのはやっぱりプログラミングだと思う。

もうしばらく、python3とDjangoの勉強を続けたい。

Djangoを使ってブログサイトの構築はできた。

ブログはこちらの方で更新するので構築したブログを使うことはないが。

今度はDjangoでアプリケーションの作成や、スクレイピングを使った情報サイトを作ることを目標に動いていきたい。

仕事雑談
シェアする
柳をフォローする
BEST PRACTICE

コメント