プログラミングの勉強は前途多難

プログラミング
Pixies / Pixabay
この記事は約2分で読めます。

プログラミングを勉強するんだと日頃から言っている手前。

何か勉強をしている証跡を残しておかないと実は何もやっていないよね?

なんて言われても仕方がないので、なんとかブログに記事として残せるようにしたいのだが、

どのように残したら良いのか、イマイチ良い方法を思いついていない。

今は天気予報をlivedoorが提供するAPIから取得して表示するスクリプトを書いている。

他のサイトに書いているのをそのまま自分のパソコンで打ち込みながら試しているのだが、

「requestsモジュール」がないと言われたのでpipからinstallし、

再度実行してみたところ、なぜかモジュールが見当たらないというエラーが発生している。

「pip show」で確認してみたらモジュールのインストール自体はできている様子。

色々調べてみていると、どうやらパスが通っていないのではないかということに行き当たっているのが現状。

そのため、パスの通し方を調べて色々と試してみてはいるのだが、

どうにもうまくいかない。

プログラミングの勉強をすると言っても、

単にpythonのスクリプトを書けば良いというわけではない。

そのプログラムをターミナルから実行しようとしても何かと問題が発生する。

問題の原因を突き止めたり解決に向けてちょっと調べたりするには、

ターミナルでのコマンドの入力ができなければならないし、

Djangoを使う時でも、インストール、必須ではないが仮想環境の構築、

それができたと思えば、いきなりたくさんのファイルが作られる。

ディレクトリ構造がわからなくてそこの理解から始めなければならないし、

大きな目標としてランサーズなどで受注ができるようになることと、

直近の目標はアプリケーションの開発と情報サイトを作るという2つを置いているのだけど、前途多難な道である。

面倒になって不貞寝することも多くどうしようもないなと思うのだが、

会社とは違って誰にも指示されず、完全に自分の思うまま、興味の向くままに勉強することができるのは間違いない。

興味のある分野なら、知らないことを知ることができるのは誰にとっても楽しいことだと思っている。

諦めずに目標の達成に向けて勉強を進めていきたい。

 

 

コメント