「とりあえず3年働け」は正しいのか?

この記事は約3分で読めます。

石の上にも三年という言葉がある。

新卒で就職したら3年働けという主張をするときに時々引き合いに出される言葉だ。

しかし、この「とりあえず3年働く」というのは本当に正しいのか?

この記事で考えたい。

正しいとは限らないが無難

結論から言うと、「とりあえず3年働く」ことは正しいとは限らないが、

多くの人にとって無難な選択肢であることは間違いない。

同じような考え方に、就職するなら企業規模の大きい会社が良いと言うものがある。

一言で言えば、「大企業で3年働く」と言うことだ。

大は小を兼ねると言うが、金銭面、待遇面、労働環境、社会的な立場、どれをとっても大企業で3年働けば悪い方向に行くことは少ない。

特段の目的を持っていない場合にはこの無難な選択を選んでおく方が良いと感じる。

中小企業で働いていたり、新卒で商売を始めたりすることはできるが、

その道を通った後から大企業で働きたいと思っても現実的には難しい。

しかし、大企業からであればそのどちらの選択肢も取りやすい。

とりあえず大企業に入っておけば、選択肢を保留することができる。

後ろ向きで消極的な考え方に見えるかもしれないが、

明確な目標のないままに後戻りのできない道を行くよりは、

重要な決断のタイミングを伺いながら、本気で取り組みたいと思えるものを探す方が良い。

その間に積みあげられるものもあるはずだ。

目標があるなら「とりあえず3年」は間違い

これから生きていく上で特段の目標がないのであれば、「とりあえず3年」働くことは無難な選択肢になるが、

明確に目標を持っている場合は、明らかに「とりあえず3年働く」と言うのは間違っている。

目標を持っているのであればそこに向かって最短距離を進んでいくべきだ。

第二新卒として雇われるのは新卒として就職してから3年以内まで。

業界や職種を変えて上手くやっていけるのは20台まで。

おおよそこのような見方が一般的かと思われるが、

時間があるように一見見えるが、実はそれほど余裕はない。

失敗できる回数や時間には限りがある。

もちろん、挑戦してうまくいくかどうかの保証は全くないが、

目標があるのに挑戦することもなく、「もう少し経験を積んでからやってみよう」

そのような考え方で「とりあえず3年働く」ことを続けていると、

何も目指すところがない時よりも悪い。

決断すべきことを決断できずにズルズルと引きずり続けることになる。

期限を決める

「将来はこんなことをしたい」そう言う気持ちがあるのなら、ハッキリと期限を区切ってやるべきだ。

資金を貯めたり、勉強したりと準備期間は必要だったとしても、

何のためにいつまでやるのか?と言うことを明確にした上で動かないと、

いつまでも先延ばしにしてしまう可能性がある。

転職するにしろ起業するにしろ、環境が変わるのはとても心理的な負担が大きい。

自分で決めた時期が来たら、準備ができていようが出来ていまいが動き出さなければならない。

まとめ

どうしてこんなことを書いているのかと言うと、

私自身がズルズルと決断できずに今日まで来てしまっているからだ。

会社員としてこのまま働き続けることができるのかと考える度に、

このままでは嫌だ。と言う気持ちになる。

単に働きたくないと言う気持ちももちろんあるが、

お金と時間に縛られない状態を作り出した上で、挑戦してみたいことがある。

資金力も知識も経験もないことだが、会社員としてこのまま働き続けても絶対に達成できないだろうし、

逃げ道がなくなった状態で本気で取り組んでみないことにはうまくいくこともないと思う。

今の自分がやらなければならないのは、すでに書いてある通り、今の会社で働く目的を明確にし、

期限を設定して、その時がくるまでにできる限り準備することだと考えている。

コメント