予定を埋め尽くして悩むヒマを無くす。

この記事は約3分で読めます。

とても参考になる良い記事を見つけたのこでこの記事でまとめる。

言いたいことは一つで、あれこれと悩むのは時間のムダ。

悩む時間があるのはヒマな証拠。

あれこれと悩んでも何も解決しないのだから、とにかく動き続けた方が良い。

だとしたら日々の予定を埋め尽くした方が良い。

ホリエモンの考え

R25のホリエモンへのインタビュー記事。

“ストレスがどこからやってくるか”を知っておけ。ホリエモンが考える「不安」への対処法

「時は金なり」と言うが、時間はお金よりも圧倒的な貴重な資産であると言う考え方。

そして、他人が喜ぶことをするのではなく、自分が喜ぶことで予定を埋め尽くす。

だからホリエモンは自分が多忙だとは感じたことがないそうだ。

あれこれと思い悩むのはヒマな人

また、記事の中には「退屈しているとロクでもないことを考えるようになる。」とある。

ロクでもないことと言うのがどう言うものなのかはわからないが、

少なくとも退屈でヒマしているときに考えつくもので良いものはないと思う。

人は一人でいる時に、ポジティブな方向へ物事を考え進めることは少ない。

妙に時間があるために余計なことを考えてクヨクヨ悩み、

感じる必要のないストレスや不安を抱えることになる。

どれだけ考えたところで何も解決することはない。考える時間がある方が自分にとって害になる。

考える間もないほどに予定を埋め尽くす

スケジュールが詰まりすぎて休む間もないほどになると、余計なことは考えなくなる。

と言うよりも余計なことを考えることができなくなる。

このサイトは20代の若者がどうすれば資産を形成することができるか?

資産を形成できるとしていかに早く達成できるか?

と言うことを仮説を立て、検証を繰り返しながら試行錯誤していくサイトになっている。

具体的なお金の稼ぎ方や無駄のないお金の管理など細かい話ももちろん重要だが、

根本的な考え方も大事にするべきだ。

考え方や日々の過ごし方などについて書きすぎるとだんだんと精神論のようになってきてしまうので、それはそれで良いことではないのだが、

だと言っても、軸となる考え方もなしに行き当たりばったりで過ごしていては、間違った方向に進んでしまっても気づくことができない。

お金が欲しいと言うことは誰しもぼんやりと思うことだが、本気で達成しようとする人はそれほど多くない。

あまり人がやらないようなことをしようとするのは難しい。

おおっぴらに人に言えることでもないので、自分一人で続けることになる。

ネガティブな考えに偏ってしまうと、資産形成という目標があるのに達成できないのではないかと言う持つ必要のない不安を持ってしまうことになる。

そうしたことを防ぐには基本的に前向きな考え方を持っていなければならない。

一人で思い悩む時間というのは前向きな考え方を持つためには必要のないもの。

もちろん、具体的な行動を起こす際にじっくりと考えることは必要だが、

やるべきことや考えるべきこともないのにただ時間があるという状態は避けた方が良い。

 

 

 

 

20代雑談
シェアする
柳をフォローする
Best Practice

コメント