イベント企画は副業に向いているか?実際に参加してみて感じたことをまとめる

この記事は約4分で読めます。

前回、イベント企画は副業に向いているか?ということについて検討してみた。

結論としては、副業に向いていると考えている。

小さな規模からでも初めやすく、失敗しても在庫などは残らず、金銭的な損失も小さいことがその理由になっている。

慣れてきたら規模を大きくすることで一回あたりの利益も大きくすることができる。

それが難しいと判断したら別の方法を探せば良い。

以上のポイントを理由として、副業に向いていると考えている。

副業はお金のかからないことから始めるのが良いと言われているが、

全くお金をかけずに商売をしようとすると選択肢が限られてくる。

ネットビジネスに絞ってもできることはもちろんたくさんあるが、

試してみることもせずに選択肢を狭める必要はない。

このようなことを考え、実際にイベントに参加してみた。

参加したことで感じたことを今回の記事にまとめたい。

参加したのはゲームのオフ会

今回、参加したのはゲームのオフ会だった。

時間帯は昼頃から夜23時頃まで。

あるマンションの一室を使って1日中ゲームをしているという会だった。

数時間ごとに休憩と食事を挟み、部を何回かに分けて開催するという形式だった。

全部で3部構成になっており、各部の参加者にそれぞれ参加費を徴収している。

全ての部にぶっ続けで参加する方もいたし、途中参加、途中退出者も多い。

ゲームのオフ会なので高校生の参加者も多く、1回分の費用を払えばその日の終わりまで参加できるように配慮もされていた。

入室直後に主催者の方と話す機会があり、ありがたいことに一緒にゲームをしながら話を聞かせてもらうことができた。

オフ会を始めたのは最近になってから。

初めは数人程度の参加者しか来なかったが、

何度か繰り返して開催するうちにプロも参加するようになった。

今では参加者が大会に参加し、良い成績を収めるほどのオフ会になっているようだった。

主催者はこのゲームが好きすぎるため、仕事をやめてこちらに専念していると話していた。

 

実際に稼ぐことができるのか?

一番気になる部分は、実際にイベント企画で稼げているかということだった。

主催者の方とかなりじっくりと話し込むことができたが、流石に初対面でお金の面まで踏み込んで聞きにいくのは失礼なので、今回は控えた。

しかし、主催者は立派な社会人。自分で働いていいきているのだから、会社を辞めることがどういうことなのか知らないはずがない。

仕事を辞め専念していると言う時点で、それなりに収入を得られているのではないだろうか?

(もちろん、実家が太いとか他に収入源があるとか、お金のことは考えていないとか、そんなこともあるかもしれないが。)

実際、今回参加したイベントは1回の参加費が2000円になっている。

それを各部で徴収する。全ての部に参加する参加者はそれほど多くはないので、

だいたい1人あたりにつき4000円ほどの売り上げになる。

食べ物や飲み物は用意していないので、飲食にかかる費用はなく、必要なお金は場所にかかる費用だけとなっている。

1日かけて開催する。今回参加した場所にかかる費用がどれくらいなのかはわからないが、

少し調べてみたところでは1日イベントスペースを貸し切るのに3~5万円程度になっている。

高いところでは10万円超えの場所もあるが、流石にそんな場所は選ばないだろうと思う。

午後から夜までなので、1回の費用を4万円と仮定してみる。

参加者はおよそ20人ほどだと言うので、1人あたり4000円だとすると、1日で8万円の売り上げになる。

半分が場所にかかる費用として差し引いたとしても4万円が利益として残る。

もちろん他にも費用がかかることはあるだろうが、単純に考えれば1日で4万円を稼ぐことができる。

これを何度も繰り返していると言うので、実際のところ、主催者の方はその辺の会社員よりもかなり稼いでいるのではないだろうか?

ここまでにくるのに色々な苦労もあったとのことだが、

もし軌道に乗ればこのようなことも絶対に不可能ではないと言うことになる。

自分自身がその状態に至れるかどうかはわからない。

なので、やはりまずは一度試してみる必要がある。

イベントといってもこんなもので良い

イベントというと大掛かりに開催するものだと思っていたが、実際はそうでもなかった。

ちょっと検索してみるだけでイベントスペースや貸し会議室はいくらでも検索結果に出てくる。

その中から好きな場所を選び、時間を決めて予約し、人を集めて開催するだけだ。

企画をして、告知をして、人を集め、開催し、片付けを行う。

仕事で疲れているのに、なんで休みの日にここまでやらなければならないのか?とか、

ここまででやらなければならないことの1つ1つがいちいち面倒だと感じる部分もあるが、

逆に言えばこれだけのことをやるだけでお金を稼ぐことができる。

会社員として生きていくのだって責任が伴うし大変な生き方なのだ。

このサイトは資産形成をするために色々と試行錯誤をしているサイトだが、その目的はお金と時間の悩みから解放されて自由に暮らすためだ。

どう生きていくにしたって大変なのは変わりない。

どうせ休みの日を適当に遊んだりダラダラしたり、飲みにいったりするくらいなら、

少しでもお金を稼ぐことができないか、挑戦していきたい。

コメント