出世のご利益があると言われる愛宕神社に行ってきた。

この記事は約4分で読めます。

出世に良いと言われる愛宕神社に参拝してきたので感じたことをまとめる。

愛宕神社(HP)

愛宕神社について

まず読み方が初めはわからなかったのだが、愛宕(あたご)神社と読むらしい。

火産霊尊(ほむすびのみこと)という火の神様を主祭神としている。

創建は1603年となっている。以下、ホームページから引用。

1603年、慶長8年、江戸に幕府を設く徳川家康公の命により防火の神様として祀られました。
慶長15年、庚戊本社をはじめ、末社仁王門、坂下総門、別当所等将軍家の寄進により、建立されました。祭礼などには下附金を賜るほど、当時の幕府の尊崇は篤いものでした。
その後江戸大火災で全焼してしまいましたが、明治10年、9月に本殿、幣殿拝殿、社務所の再建がなりました。
大正12年9月1日、関東大震災に、昭和20年5月24日帝都大空襲により太郎坊神社を残し社殿は焼失しましたが、昭和33年9月、氏子中の寄付により、御本殿、幣殿、拝殿などが再建され、現在に至ります。

祀っているのが火の神様なので、防火のご利益があるとされている。

愛宕神社の境内

 

出世の階段と呼ばれる男坂

愛宕神社で有名なのは「出世の階段」と呼ばれる男坂。

愛宕神社が出世のご利益があると言われるのもこの階段から理由になっている。

ご利益の由来は曲垣平九郎(まがき・へいくろう)の逸話から。

詳細はホームページにも記載されているが、簡単にここでも紹介する。

徳川家光の増上寺への参詣からの帰りのこと。

愛宕神社のある愛宕山に咲いていた梅が綺麗だったため、家光はあの梅を馬に乗って取ってこいという命令を出した。

馬で駆け上がるのは危険な階段なので、なかなか動き出すものがいない中、曲垣平九郎は馬を駆って梅の枝をとり、家光に献上した。

それにより曲垣平九郎は家光に讃えられて有名になったとのこと。

実際に訪れてみるとわかるが、この階段はかなり急勾配になっている上に段数も多い。(確か85段)

足を踏み外したら本当にただの怪我では済まない階段になっている。

下から撮った写真と、この次は上から撮った写真。

正直な話、上り下りするのには危ない階段だと感じた。

愛宕神社の階段

 

階段を登りながら感じたことがあった。

すでに書いている通り、本当にこの階段は勾配が急になっているため、登っていると途中から足が辛くなってくる。

しかし、出世の階段だと呼ばれ、階段を登ることで出世などのご利益があると言うのだから、多少辛くてもなんとなく足を休めることができない。

つりそうになりながらも一番高いところまで一気に登り切りたくなった。

大げさな話だが、実際に出世していく過程もこんな感じなのかもしれない。

階段を上っていく最中は辛いとかしんどいとか色々感じることはあるが、

登り切ってみれば結構高いところまで登ったことがわかり、頑張った甲斐があったと思うことができる。

出世の形は会社員としてでもそれ以外のことでもなんでも良いが、何か取り組んでいることがあるなら、諦めずに頑張ろうというのが階段を上ってみて感じたことだった。

出世の階段の上からの風景

木々に覆われているので景色としてはあまり良くないが、階段の上から真横に向けて写真を撮ってみると、それなりに高い場所にいることがわかる。

また、階段が急になっているので、足を踏み外したら一気に転げ落ちるとも感じた。

さらに言えば、一度登った出世の階段をもう一度降りるのはどうなんだと正直思った。

しかし、逸話によれば曲垣平九郎は階段を馬で上ったことで有名になったのではない。

そのあとに梅の枝をとり、再び馬で階段を降りて家光に献上したことで有名になった。

階段を登る最中は常に踏み外さないように注意しなければならないし、

階段を登り切っただけで満足せず、そのあともやるべきことをやっていかなければならない。

と言う教訓めいたものを感じた。

境内の様子

こちらは手水舎。

失礼極まりないが、龍の口の両端から水が滴っているのがよだれを垂らしているようでちょっと面白かった。

愛宕神社の手水舎

 

 

続いて本殿

愛宕神社の本殿

 

境内には池があり、その中にすむ鯉にエサをあげることもできる

愛宕神社の池

また、池の中には鳥居が立っている。

池の中にある社

神社の入り口にあったので帰り際に写真を撮った。

まとめ

今後、神社やお寺に行く機会があればまた記事にしたい。

バイクに乗って日本全国を回りながら、寺社仏閣を巡ると言う密かな夢があったりする。

御朱印帳集めも良いかもしれない。時間とお金を作ってやりたい。

コメント