会社の持株会を利用するべきか?

この記事は約8分で読めます。

就職して働き出すと持株会の利用を勧められることがある。

人によって良いという意見や悪いという意見をそれぞれ持っているため、結局のところどうするべきかわからず、悩んでしまうことも多い。

そのような悩みを持つ方に向けて、今回は、持株会を利用するべきか?ということについて考える。

持株会を利用することで発生するメリット・デメリットがあるため、

それらをしっかり確認した上で利用するべきかどうかを判断できるようになることを目的とする。

持株会のメリット

株価が上がれば利益が出る

持株会を利用するということは、勤め先の企業の個別株を購入するということ。

当たり前のことだが、株価が上がれば利益が出る。

株価の変動には様々な要因があるが、大きな要因の一つにその企業の業績がある。

企業の業績が上がって行くのであれば、株価が伸びる可能性は高く、持株会を利用した方が良いことになる。

奨励金が出る

持株会を制度として設けている企業は、奨励金を出していることが多い。

社員が持株会を利用したくなることを目的としている。

株価は安定し、株主も社員になるので経営の安定性が向上するメリットがあるので、会社側としても社員に持株会をしっかり利用してもらいたいと考えている。

奨励金は持株会を利用する金額に対して割合が決まっていることが多い。

その割合は企業によって異なっており、割合が高ければ高いほど良い。

毎月、10000円ずつ持株会にお金を出すとすると、10%なら1000円を追加で買い付けすることができる。

金額にしてみれば大したことがないと感じるかもしれないが、小さな金額も何年も続けて積もり積もっていくことで大きな金額になる。

銀行の定期預金にお金を預けていても利率は0.1%だったりと低い状況がずっと続いている。

1000円の利息を出そうとするには100万円を預けなければならない。

しかし、持株会であれば10%の奨励金であればたったの1万円でで得ることができる。

ドルコスト平均法

持株会を利用すると、毎月一定額の資金で個別株を購入することになる。

投資法としてドルコスト平均法と呼ばれるものに当たる。

何が良いかと言うと、リスクを低くすることができる。

その理由は、毎月一定額の買い付けを続けていくことで、購入単価の平均を下げることができることにある。

一回にまとめて株を購入すると、購入した価格から株価が上がらない限りは利益を出すことはできない。

しかし、何回かに分けて株を購入することで、株価が高い時には株を少なく、株価が低い時には株を多く買うことができる。

そうすることで、たとえ株価が下がったとしても損失が小さくなるし、

株価が下がっている間にはたくさんの株を購入することになるので、次に株価が上昇した時には大きな利益を出すことができる。

当たり前のことだが、株はできるだけ安く買う方が儲かる。

だから株価が一番低い時を狙って買うことができれば良いのだが、実際に株価が底になるタイミングを見極めることはとても難しい。

日中に仕事をしているような人が、じっくりと株のことを考える時間を取ることも難しい。

そうした人にとっては、なるべくリスクを抑えつつ、利益を出せる可能性があるこのドルコスト平均法を取ることが勧められることが多い。

配当金を受け取ることができる

勤め先の企業が配当金を出している場合は、配当金を受け取ることもできる。

注意点としては、配当を得るためには100株などある程度まとまった株数まで買い続ける必要があると言うこと。

もう一つは、配当金をそのまま持株会で株の購入に充てる場合があると言うこと。

配当金が出ても自由にそのお金を使えるとは限らない。

しかし、長年続けていくことで保有する株数は増える。

アインシュタインが人類最大の発明と言う「複利効果」によって、持株会を長く続けるほどに受け取ることのできる配当は大きくなっていく。

持株会のデメリット

流動性リスク

デメリットの一つ目は、自由にお金を引き出せるわけではないという点がある。

持株会を利用している分のお金を引き出すには所定の手続きを行う必要があるが、この手続きが面倒なことが多い。

大抵は書類を提出して認可されなければならない。

それだけならまだ良いのだが、企業によっては引き出しの時期に制限をかけていることがある。

目的はインサイダー取引を防止することにある。

企業の内部情報を知ったまま株価を売買できたとすると、その企業の内部にいる人間は有利な取引ができてしまう。

これを防ぐために一度購入したらしばらくの間は売却することが出来ないようにするといった対処方法がある。

持株会を利用していると、この引き出しの制限により利益が出ていたとしても売却してお金を引き出すことができない。

引き出しが可能になった頃に利益が大きくなっていれば良いが、その逆に利益がなくなっていたり、最悪の場合は損失に転じている可能性もある。

株価が下がれば損になる

メリットの部分でも書いていることだが、持株会を利用するということは個別株を購入するということである。

そのため、株価が下がれば当然ながら損をすることになる。

毎月一定額を購入するドルコスト平均法によってリスクを小さくすることができるとは言っても、

結局は株価が上がるかどうかによるのは変わらない。

株価がずっと右肩上がりに伸びるとまではいかなくとも、

上がったり下がったりを繰り返すのならまだ利益を出すことができる可能性は十分あるが、

ずっと株価が下がり続ける個別株を購入してしまうと、損が大きくなるばかりになる。

会社の業績に大きく依存する

私たちの給料は会社から受け取っている。

業績が伸びれば給料が上がる可能性があるが、業績が下がれば給料が下がる可能性もある。

普通に働いているだけで、会社の業績の影響を受けることになるのだが、

持株会を利用すると言うことは、資産の面でも会社の業績の影響を受けることになる。

一極集中になっている状態と言える。

これはデメリットの部分に書いているのだが、当然のことながら会社の業績が伸びることで会社からの報酬も株価も伸びることで大きな利益を受けることができる。

しかし、会社の業績が下がれば今度は大きな損失を受けることになる。

結局、持株会を利用するべきなのか?

ネットで検索すると、持株会をするべき!といった結論を出しているサイトや、

逆に持株会は利用するべきではない!と言った結論を出しているサイトの両方が存在する。

結局、どちらが正解なのかわからない。と感じる方が多いのではないだろうか?

これは持株会に限らず、どのようなことにも当てはまるが、全ての人に当てはまるような結論は存在しない。

個別株を購入するのだから、企業によっては株価が上がって利益になる場合もあるし、またその逆で損失が発生する場合もある。

日本の上場企業は数多く存在し、勤め先の企業は人によってそれぞれ違う。

そのため、持株会を利用するべきかどうかはその会社の株価が伸びるかどうかにかかっている。

結局のところ、「人による」という結論にしかならない。

だからこそ、自分自身で調べて判断するしかないのだが、ここからは持株会を利用するべきかどうかの判断するための基準を考える。

目的を確認し、他に手段がないか考える

そもそも、どうして持株会を利用しようとしているのだろうか?

会社から指示されたり、同僚から勧められているから、と言うだけの理由であれば、他の方法を一度でも良いから検討した方が良い。

持株会を利用するにしても利用しないにしても、はっきりとした理由があるならそれが自分にとって正しい選択になる。

投資によって少しでも利益を出したいという目的を持っている場合、

投資をするなら持株会以外にもNISA口座や直接自分で投資をするという方法があるが、それらの方法と比較してみるのはどうだろうか?

持株会は給料から天引きされることがあるため、自由にお金を使えなくするために利用すると言う人も存在する。

しかし、それならばネット銀行にでも口座を作って天引き貯金をするという方法がどうだろうか?

どんなことをするにも複数の方法があるが、他の方法と比べて持株会が優れている点が何か?という点を自分で確かめてみる必要がある。

持株会のメリット・デメリットはすでに上述しているのでもう一度確認いただきたい。

また、何度も繰り返すが持株会は個別株を購入することであるため、

結局は自分が所属する企業の株価が伸びるかどうか?と言った点が重要になる。

その点について情報を集め、最終的に判断ができるのは自分自身しかいない。

これらのことについて、特に考えることもなく、会社から指示があったり勧誘されたから、と言った理由だけで持株会を利用して、損失が発生したら後悔することになる。

数字で判断する

私自身はすでに持株会を利用している。

持株会を利用するべきか自分で考えるべきだと偉そうに書いているが、

正直なところ、私も会社に勧められたから利用している。

そのため、まさに今、持株会を続けるべきかやめるべきかどうかを考えている。

状況としては、私自身が支払った金額とほぼ同じ水準の資産額となっている。

持株会を利用していれば投資明細が発行されるはずであるため、数字ベースで利益なのか損失なのかを判断する必要がある。

奨励金や配当が出ているのだが、それらの分はそのまま損失となっている。

一見これは損失なのだが、見方を変えればただ天引き貯金をしていたことと同じだとも言える。

自分自身が支払った分よりも株価が下がっている場合は残念な気持ちになるが、現状はそのような状況ではない。

ここで言えることは、やめるべきだと言う意見も続けるべきだとう言う意見も、利益が出るかどうかにかかっていることであり、

利益が出るかどうかは、結局のところ私の所属する企業の株価が上がるかどうか?と言う点にかかっている。

その点で考えてみると、業界的には安定はしているかもしれないが苦しい状況にある。

また、ある事情によって今後業界全体の売り上げが減少する可能性がある。

必然的に業績の伸びは考えにくく、株価が伸びにくいのではないかと考えているのが正直なところであるため、

次の引き出し可能な時期が来た時には、持株会を停止し、お金を引き出そうと考えている。

まとめ

同じようなことを何度も繰り返してしまうが、持株会にはメリットとデメリットが存在する。

人によって利益が出ることもあれば損失が出ることもある。

絶対にやるべきだとか、やめた方が良い。と安易に断言する人が多いが、

勤め先の情報すらなしにそうした判断ができるはずがない。

結局のところ、やるべきことは以下に尽きる。

  • 会社の持株会制度の情報を集める
  • 目的をはっきりさせる
  • 他に良い方法がないか調べる
  • 数字ベースで判断する

 

お金
シェアする
柳をフォローする
BEST PRACTICE

コメント