お金のかからない趣味を作る

この記事は約4分で読めます。

このサイトは20代の若者がどうすれば資産形成をすることができるか?

どうすればいかに早く資産形成をすることができるか?

ということについて、仮説を立て、検証を繰り返しながら実践していく過程を記録している。

資産形成をするためには支出の削減や収入のアップが必ず必要になるが、

一方でお金のためだけに日々の生活を送ることは意外と辛いことでもある。

そこで、お金のかからない楽しみや趣味を見つけることが大切になる。

支出の削減や収入アップの道は意外と辛い

資産形成をするのは将来にわたって生活するためにお金に困ることがないようにすることを目的としている。

しかし、そのための第一歩である支出の削減は楽しいことばかりではない。

今まであまり気にかけることなく使っていたお金について、しっかりと把握し、使いすぎないように管理していく必要があることがその理由になっている。

食べたり飲んだり遊んだり、好きなものを買ったりするときは必ずお金がかかる。

私たちは楽しいことをしたり楽しい気持ちになろうとするために対価としてお金を払う。

しかし、これからはそういったお金の使い道を改めていく必要がある。

贅沢は後の楽しみにとっておき、今は資産形成のために動かなければならないからだ。

しかし、支出を削減するということはそれだけ今の楽しみが減ることにもつながる

いってもいないジム、使ってもいないサービスを解約するのであれば問題はない。

解約の手続きが少し面倒だというだけでその分の出費が減ることには何の抵抗も生まれない。

しかし、衣食住や遊びに関しては支出を減らすことがそのまま楽しみが少なくなることにつながる。

生活レベルを落とすことは難しいとはよく言うが、その理由はこうした部分にあるのではないかと思う。

また、収入アップを狙うことだって楽しいことばかりではない。

副業や本業にコツコツと注力し、徐々に軌道に乗ってきたらお金を稼ぐことができるのだから楽しくなっていくのは間違いない。

しかし、うまくいくまでの期間は本当にやり方があっているのかもわからないままで突き進むことになる。

試行錯誤を繰り返している間は全くお金が稼げず、ただ時間を無駄にしているだけのようにも感じる。

また、横を見てみると周りでは楽しそうに過ごしている人々が目につくこともある。

お金を稼ぐことは嬉しかったり楽しかったりしても、初めの段階でつまずくことが多い。

支出の削減も収入アップも、どちらも楽しいことばかりではない。

ストレスを溜め込むきっかけになってはならない

全ては将来の生活のため、数年先の楽しみのためとは思いつつも、それが今の自分にとって大きなストレスとなるようなことがあると逆効果になってしまう。

ストレスが溜まり続けるとどこかで爆発してしまい、何かの拍子にお金をたくさん使って遊んだりしてしまうことがあるかもしれない。

コンビニなどで地味にお金を使い続けるのは積もり積もると大きな出費になるが、

たまのご褒美だといって大きな出費をすることも当然資産形成から遠ざかることにつながる。

お金のかからない趣味を作る

人間、何をするにしてもたまには息抜きが必要になる。

しかし、息抜きにお金を使ってしまうようでは元々の資産形成という目的から遠ざかってしまう。

となれば、お金のかからない楽しみや趣味を作るしかない。

ちなみに、スマホゲームはネットゲームはやるべきではない。

やってみると意外と面白くてハマってしまうことや、時間を想像以上に消費してしまうことが理由にある。

また、課金するためのシステムが出来上がっており、お金を使いたくなるような仕組みが整えられており、ついついお金を使ってしまう。

お金を稼ぐためには人に喜んでもらう必要があり、そのためには何かしらのサービスを提供する必要がある。

「お金を稼いでいるというのは、つまりそれだけ人を喜ばせているということだ。」と言う人がいたが、

資産形成を目指すなら私たちはそちら側の人にならなければならない。

しかしスマホゲームやネットゲームでどうにも楽しんでしまい、お金を支払ってまでサービスを享受する側になってしまって良いのだろうか?

もちろん自分が好きなことに対してはお金を使うことだってあるかもしれないが、

私にとってはスマホゲームやネットゲームはその対象ではない。

楽しいことには間違いないが、ただ楽しいだけではなく、何でもいいから自分にとって役に立つことやプラスになることにお金を使いたい。

 

お金
シェアする
柳をフォローする
Best Practice

コメント