IR情報の見方と面接で活用する方法[就活]

この記事は約5分で読めます。

この記事は以下に当てはまる方を対象にしています。

  • IR情報のことがよくわからない
  • IR情報の見方がわからない
  • IR情報を見たところで意味がないと感じる
  • IR情報をどう役立てたら良いかわからない

この記事では、これらの疑問を解消するお手伝いをします。

IR情報とは?

IR情報(Investor Relations)とは、企業が投資家に向けて会社の状況を伝えるために公開する情報のこと。

公開する情報は財務、業績、事業の状況などが主な内容となる。

Investorと書いてある通り、投資家がその企業に対して投資をするかどうか、またどのように投資を行うかといった投資判断に用いられる。

また、IR情報はその企業が手がけている事業の状況にも触れているため、就活生が企業研究をする際にも非常に役に立つ。

「IR情報なんて見たことがない。読み方がわからない。読むのが面倒だ。」といった感覚は誰しも持っている。読んだところでどう役に立つかわからないと思うこともある。

そのような理由から、全員がIR情報を読み込んで就活に望んでいるわけではない。

逆に言えば、IR情報を読み、しっかりと理解して就活に取り組んでいれば、企業に関する情報量や理解度が深くなり、他の就活生との差をつけることができる。

IR情報の見方

さっそく、自分の志望する企業のIR情報を見てみよう。

企業によって取り組んでいる内容や重視する点はそれぞれ異なるため、タイトルやカテゴリ分けによる違いはあるものの、

  • 決算・財務情報
  • 有価証券報告書
  • 事業報告書

これらの資料は必ず掲載されている。就活生にとって事業報告書が一番活用しやすい。

ここにはどのような事業を展開しているか、事業の状況はどうなっているか、今後の投資・研究開発をどう予定しているか。

これらについての情報が多く盛り込まれているため、この点を重点的に探して読んでみよう。

これから自分がその企業で働くことを考えるのであれば、その企業の動向によって自分の生活や人生が左右されることになる。

自分が投資家ならこの企業に投資するのかどうかという投資家の視点も持って読んでみよう。

IR情報の活用方法

ここでは、IR情報を就活に役立てる方法について考える。

主な活用場所は企業選択と選考の2つ。

まずは企業の選択について。

企業が採用する学生を選ぶように、学生も就職する企業を選ぶことができる。

企業側は履歴書や面接、近年ではインターネット上での検索なども行い情報を集める。

(某就活サイトが企業に学生の情報を有料で販売していることも報道されている。。。)

対して学生側はキャリアセンター内の資料、就活サイト、IR情報によって、その企業に関する情報を集める。

(口コミによる情報は鵜呑みにしない方が良い。明確な根拠が提示されないことが多く、情報の真偽を確かめる方法がないことが理由にある。)

どこに就職するかを選ぶ時は、自分が携わりたい事業や職種、業界での位置付け、企業としての体力、労働環境(これはIRとは別の方法で探す必要がある)が自分の考えと合っているかを判断する材料とすることができる。

2点目は選考について。主に面接での活用方法になる。

面接をしていると、学生がその企業についてどれほどの情報を持っているか、

どれだけ理解しているかということは会話の内容で面接官は一発でわかってしまう。

それは、IR情報を読んでいなければ発言することができない単語や具体的な数字、それらをベースにした考え方などがあることが理由になる。

逆にしっかりとIR情報を読むことで会話の内容が具体的になり、面接官は「この学生はうちのことをよく調べてきているな」という印象を与えることができる。

また、志望する企業に興味のある事業があれば、その事業内容と自分の志望動機、携わり方、どのように役に立つことができるかといったことなど、

事業内容と自分の志望理由などと関連づけて話すことで、IR情報まで読み込んでいるということを嫌味なく、そしてさりげなくアピールすることができる。

1点注意したいのは、投資家のような質問をしないこと。

投資家としての視点を持って読むことが重要だと前述しているが、自分自身はあくまで就活生であることを忘れてはならない。

例としては、面接では最後に「質問はありますか?」と聞かれることがあるが、

「業績が悪化しているが今後どのような対策をとるつもりか?」といった内容を聞いてみるのは悪手になる可能性がある。

もちろんその質問に対する答えを企業側は持っているはずだが、これから自分がその企業で働こうとしているのだから、

ただその考えを面接官に問うよりも、「自分にこんな考えがあるがどうか?」といった問いや、

「業績が悪化しているが自分を採用すると〜〜の理由から業績向上に貢献できる」

という前向きな方向性で伝える方が選考においては良い印象を与えることができる。

まとめ

ここまでのことをまとめると、

IR情報を読むことで次の2点に役立てることができる。

1つは自分の考える働き方に合うかという点で企業選択に。

もう1つは企業に対する情報量と理解度の深さから会話の具体性で選考に。

とは言え、ここに書いていることだけで就活の成否が決まるわけではない。

履歴書にある情報、インターネットリテラシーの有無(SNSで不用意な発言をしていないか)、

面接での会話の印象、その他の保有スキルなどを見て総合的に判断される。

IR情報を読んで企業を理解すること以外にもやるべきことを1つずつ取り組んでいこう。

就活
シェアする
柳をフォローする
BEST PRACTICE

コメント