就活を始める前にスケジュールと計画を立てよう

この記事は約5分で読めます。

 

初めて直面することの対応方法

誰しも就活を経験するのは初めてのことなので、どのように進めていけば良いのかわからない学生は多い。

というよりも、就活を経験したことのある学生は基本的に存在しないのだから当たり前の話ではある。

やり方がわからないのでとりあえず闇雲に動き始めてしまうことにつながる。

それでも上手くいくこともあるが、行動計画を決めた上で、修正を行いながら就活を進めることでより上手くいく可能性が高くなる。

初めて取り組むことにどう対処するべきか

こちらの記事にも書いている通り

  • 目標を決める
  • 期限を決める
  • やるべきことの洗い出し
  • 優先順位を決める
  • 実践と計画の修正

就活ではある程度この内容は決まってくるが、この流れに沿って就活をどのように進めていけば良いか考える。

就活の目標は内定を得ること

就職活動をする目的は内定を得ることにある。

業界研究、企業研究、適性試験、履歴書・ES、面接など、細かく分類していけばやるべきことは様々にあるが、

これらは全て内定を得るために行うものであり、どの項目も、どこかの時点で切り上げる必要がある。

また、理想のワークライフバランスや、希望の業界、職業などは人によって違う。

自分の考えに沿った選択をする必要がある。その中にはもしかしたら就職しないという選択肢もあるかもしれない。

そのため、何も考えずに内定を得ることだけを目標にしても意味はないが、

仮に自分の考えと合わない企業から内定を得た場合でも、

その企業に就職しなければ良いだけの話であるため、就活の目標を内定獲得として問題はない。

期限は各工程の締め切りまで

企業によって募集の期限が異なるため、気になっている企業がある場合は必ず募集締め切りを確認しておく必要がある。

また、エントリー、適性試験、懇親会、面接など各工程のおおよそのスケジュールが企業内部では決められているため、それぞれの締め切りも確認しておく必要がある。

しかし、これらの詳細なスケジュールを学生側が事前に全て知ることはできず、

選考に通った学生に対して順次案内が送られることが多い。

そのため、メールや電話での連絡が来ていないかしっかり確認しておかなければならない。

(就活ではメールの管理をしっかり行おう)

どうでもいいメールに埋もれてしまい、希望する企業の選考案内を見落としてもしたら取り返しのつかないことになる。

やるべきことを洗い出す

ここでは、やるべきことを洗い出す。

  • 説明会の参加
  • 自己分析
  • 業界研究
  • 企業研究
  • 希望する企業の選択
  • 履歴書・ESに記載する内容の準備
  • 適性試験対策
  • 適性試験の受験
  • 面接の練習
  • 面接
  • 就活費用の準備

パッと思いつくだけでもこれだけのやるべきことがある。

これ以外にも必要に応じてキャリアセンターに訪問したり、OB訪問をすることもあるかもしれない。

やるべきことの洗い出しは、一つ前の項目である期限の確認と順番が前後する可能性がある。

また、やるべきことを細く分類していくとどんどん増えていくが、これらの中でも並行して進めることのできるものはある。

例えば就活費用の準備などはバイトをすることになるが、それは説明会から面接を受けるまでの過程でずっと入り続けるだけであるし、

履歴書・ESに記載する内容は主に志望理由や学生時代に取り組んだことなどだが、

それは面接でも問われる部分であり、考えた内容を口に出して話せるようにしておけば面接の練習につながる。

このような形で並行して進められること、効率よく進める方法がないか考えることでスムーズに進めることができる。

優先順位を決める

続いて、洗い出したタスクについて、どのような順番で取り組むかを決めていく必要がある。

よく使われる考え方は、重要度と緊急度に分類すること。

選考のプロセスの中で最も重要ものの1つに面接がある。

志望度の高い企業の面接と、志望度が低い企業の説明会が同じ日程で被ってしまった場合、

どちらを選ぶかと聞かれれば、面接と答える学生の方が多いのではないだろうか?

このように自分にとって何が重要かというのはそれほど考え込まずとも自然と決まっていく。

また、緊急度はつまるところ期限がいつなのかということであり、

各工程の期限は企業側がある程度事前に決めてしまっているため、

必然的にそのスケジュールに合わせることになり、こちらも自然と決まってくる。

結論としてh、重要度が高く、なおかつ緊急度が高いものから順番に取り組んでいくことになる。

実践と計画の修正

ここまで決めることができれば、あとはその計画に沿って進めていくだけになる。

やるべきことは決まっているので、何をすれば迷うこともない。

しかし、それぞれ上手くいくこと、上手くいかないことがでてくる。

例えば、バイトと説明会の予定を入れすぎたせいで十分に適性試験の対策の時間を取ることができず、

企業の選考に進むことができていないという段階にあれば、

次にやるべきことは他の予定を削って適性試験の対策の時間を増やすことになる。

そのように変更することで後ずれしていく工程(面接の練習)があれば、

またその時間を取るために調整していく必要が出てくる。

最初に決めた通りのスケジュールで進むことはほとんどない。

必ずどこかで軌道修正をしなければならなくなってくる。

あまりに遅れが大きくなってくると精神的に焦ってしまうが、

ヤバイという状況を把握できているだけでも比較的良い状況にある。

そこから親、先輩、キャリアセンター、メンターなどに相談し、軌道修正することができることが理由にある。

しかし、もし事前に計画を立てていない場合、

今自分はどのような状況にあるのか把握することができず、

順調に進んでいるのかそうでないのかということさえわからない状態になる。

そのような状況が一番危険だと言える。

まとめ

今回は、初めて経験する就活にどのように取り組めば良いのかということについて考えた。

就活に限らず、初めて経験することはこれからどんどん起こってくる。

この記事を書いている私自身もまだまだ若く、

経験したことのないことに直面するとどうすれば良いのかわからず、

いつも途方にくれつつもここに書いているような流れでやるべきことを決めている。

逆に、スケジュールを上手に組むことができるようになれば、就活が上手くいく可能性は高くなり、働き始めてからも仕事をスムーズに進められる可能性が高くなる。

仕事就活
シェアする
柳をフォローする
Best Practice

コメント