3月1日、就活の採用情報解禁だからといって慌ててエントリーしない

この記事は約3分で読めます。

3月までに済ませておきたいこと

エントリーや面接を受けるなど、企業側の動きが関わることは3月以降にしか取り組むことはできない。

しかし、自分だけで完結できる作業は、できる限り2月中には終わらせておきたい。

自分だけでも進めることができる作業は、おおよそ以下のものになる。

  • 自己分析
  • 業界研究
  • 志望する業界・企業の選択
  • 企業研究
  • ES/面接の内容準備(ガクチカ、志望動機)
  • 適性試験対策
  • 面接の練習

学業、部活・サークル、バイト、その他諸々の事情により、就活の準備に時間を当てることは難しい。

そのため、ここに書いていることのうち全てを3月に入るまでに済ませることはかなり厳しいが、

1つか2つ、せめて少し手をつけるだけでもしておきたい。

何もしていなくても時間はまだあるので慌てずに急ぐ

もし、3月に入った段階で何もしていなかったとしても、焦ってはいけない。

しかし、ゆっくり計画を立てるほどの時間があるわけでもないので、

動きながら考えていく必要がある。

就活を始める前に計画を立てよう

通年採用の話も叫ばれる中ではあるが、本来ならば3月1日の選考情報について公開されてからがスタートになる。

落ち着いて無駄なく進めていけば十分に間に合う。

志望動機、学生時代に力を入れたことなどは選考の結果からフィードバックを得ることができる。

面接に至っては事前に練習する時間がなければ本番で場慣れしてく方法もある。

また、内容に関するフィードバックを受けたければ、もはや直接自分の面接の内容がどうだったかを質問してみても良い。

本命を受ける前の段階で、選考に参加しつつ場数を踏んでいく方法が効率が良くなる。

一括エントリーしない

就活生には十分な時間はない。

就活サイトには「一括エントリー」という機能がついていることもあるが、これは意味がないので使ってはいけない。

企業を十分に吟味している時間がないのだから、志望度の低い企業の選考を受けている暇はない。

また、一応応募しておこうという程度でエントリーした企業に本当に行きたいだろうか?

私自身は一括ではエントリーしなかったものの、やはり志望度の低い企業はもはや詳細すら見なかった企業もある。

3月からスタートしたのなら、就職したい企業だけに絞って選考を受けよう。

慣れも必要なので第一志望しか選考を受けないというのはさすがに危険だが、

時間がない場合には数を絞って精度を高める方針で行く方が良い。

また、一括エントリーをしてしまうと、企業からひっきりなしに案内のメールが届いてしまう。

興味のある企業からであれば良いが、そうした企業ばかりではない。

周りを見て一喜一憂しない

就職活動に関するデータを確認してみる。

これは、就職みらい研究所が公表している就職プロセス調査(2020年卒)【確報版】「2019年3月1日時点 内定状況」からのデータ。

2019年卒の3月時点内定率

3月1日時点では内定率が9%前後という結果になっている。

「なんだ。まだまだこれからじゃないか」と思わなくもないが、続いてこちらの図を見てみると印象が変わる。

19年卒就職活動実施率

2月1日時点でほとんどの学生がすでに就職活動に取り組んでいる。

データや会話の中で周りの就活の進捗状況を確認するのは良いことだが、これらを見て一喜一憂してはならない。

自分がどのように就活を進めていくのか事前にスケジュールを決めていたのであれば、その通りに進めれば良い。

スケジュールを立てていなかったとしても、周りの就活の状況と自分の就活の状況は関係がない。

遅れている分は取り戻さなければならないのは確かだが、だからと言って、慌てて行動しても良い方向には動かない。

第一、企業の選考スケジュールによって決まってくるのだから自分自身でコントロールできないことが多いのだから仕方ない。

落ち着いてできることから取り組んでいこう。

就活
シェアする
柳をフォローする
BEST PRACTICE

コメント