OB訪問はやるべきか?やり方、依頼メール、質問内容も含め考えよう

この記事は約7分で読めます。

毎年、就活生を悩ませる問題の一つにOB訪問がある。

やった方が良いか?、それともやらなくても良いか?

どちらの方が良いかと考えれば、間違いなくOB訪問を行う方が良いとは思うものの、

授業やサークル、バイトがあって時間的に厳しい。

それに空いた時間を使って仲良くもない年上の社会人と会うのは正直なところ面倒なので、

OB訪問をせずに済むのであればそれでいいな。。。と、そう思う学生は多い。

今回は、そんなOB訪問について考える。

(場合によってはOGになり得ることもあるが、今回はOBとして表記を統一した。)

OB訪問をするべきかしなくても良いか?

結論から言えば、OB訪問はしなくても良い。

というのも、就職活動をする目的を内定を獲得することだとした場合、

OB訪問は内定を獲得するために必ずしなければならないことではないことが理由にある。

エントリー、ES・履歴書の提出、適性試験、面接などは、企業側が用意した選考のプロセスであるため、これを通過しなければ内定を獲得することができない。

しかし、企業側がセッティングしたOB訪問でもない限りは学生が自分自身の意思で行うもの。

実際にやってみることで得られるものは多いが、必ずしもOB訪問をしなければならないものではない。

ただし、就活の目的を「ただ内定を獲得すること」ではなく、

「自分が理想とする働き方にマッチした企業の内定の獲得」である場合や、

「志望度の高い企業の内定の獲得」に置いている場合は、また話が変わってくる。

ひとまず内定を獲得することができ、実際に働きだしてみたは良いものの、

仕事を始めてから自分が想像していたことと異なる点が多く、「こんな職場だとは思わなかった。」

そのようなことを感じてしまうなど、就職後のミスマッチが起こる可能性はある。

もし、自分が理想とする働き方にマッチした企業の内定が欲しいのであれば、

実際に働いている社員に話を聞いてみなければ分からないことは数多くある。

ただ内定を獲得してそこで働ければ良いというのであれば必要はないのかもしれないが、

就活生が知りたい情報は、企業側から発信される情報の中に全て含まれているわけではない。

必要なのに不足している情報があるのなら、こちら側から積極的に取りに行かなければならない。

OB訪問をすると就活に有利なのか?

選考の上で有利になるか?という意味で言えば、それは不明だとしか言えない。

それは、OB訪問は学生側からのアクションであることが理由にある。

インターンシップなど、企業側が用意した選考プロセス上であれば人事や担当者の目がある。

そのため、良い意味でも悪い意味でも学生の評価が人事に伝えられる可能性が高い。

しかし、OB訪問は必ずしも企業側が用意したものではない。

学生と社員が直接やりとりして自由に行っているものであるため、

そもそもOB訪問が行われていることを人事が認知していないということもある。

OB訪問を受けた社員は、「学生の情報と話した内容を人事に報告するように」といった類の連絡が社内で行われているかもしれない。

しかし、全ての企業がそうであるとは限らない。

また、そのような連絡があったとしても、必ずしも社員が報告を行っているとも限らない。

結果として、企業側が知らない間に行われているOB訪問は選考上では有利にも不利にも働くことはない。

(どちらにも影響がないのなら、建前など気にせず本当に聞きたいことを聞いてみるべきかもしれない。)

もし、OB訪問の内容に自信があり、選考上で有利に働くようにしたいと考えるのであれば、

企業にOB訪問をすることを連絡してみるという選択肢はある。

例えば、すでに連絡先の分かる社員がいるのなら、採用担当の窓口に「この社員にOB訪問をしても良いか?」と聞いてみる。

もし、誰の連絡先も分からなければ、窓口に「実際に社員と話してみたいのでOB訪問として社員を1人アサインしてくれないか?」といった具合になる。ただし、この場合は断られることもあるかもしれない。

人事に直接かけあってみることで、必然的にOB訪問を行うことは伝わり、

社員から人事へOB訪問の内容が報告される可能性は高まる。

(普通にOB訪問をするよりもハードルは高くなるが)

選考の時期は人事は仕事で忙殺されているため、「余計な仕事が増えた」と受け取られるか、

「通常の選考フローの枠を超えてまで自社のことを知ろうとする学生がいる」と受け取られるか、

真っ当な社員なら後者の考え方を選び、一目置いてもらえる可能性はある。

ここまで、OB訪問は選考上有利か不利かで考えてきたが、これはそもそもの目的から外れている。

OB訪問は社員から実際に話を聞くことで、その職場の雰囲気をより詳しく聞いてみることにあり、

内定を獲得する上で有利にするためではなく、その企業が自分と合っているかどうかを判断するためにある。

OB訪問の流れ

ここからは、実際にOB訪問を行う場合、どのような流れで行えば良いのかについて考える。

大まかに流れを分類するとこのようになる。

  • 連絡先を調べる
  • 連絡をとる
  • 訪問する
  • お礼を伝える

連絡先を調べる

連絡先を調べる方法にはいくつかの種類がある。

  • キャリアセンターで調べる
  • 知り合い、友人、サークルの先輩などのツテで教えてもらう
  • 会社に直接連絡する
  • SNSで探す

もっとも手っ取り早く、安全なのはキャリアセンターで調べること。

就活体験談なども掲載されていることが多く、就活に必要な情報とともに連絡先を得られる可能性が高い。

続いてツテを頼る方法。

「六次の隔たり」という言葉があるように、知り合いを辿っていくことで思いもしない人と繋がることができる。

ましてやある企業に勤めている人物は一人だけではないので、本気で探せば見つけられないこともない。

会社に連絡する方法については一つ前の項目で述べた通り。OB訪問を行うことを伝えることができ、より意欲のある学生として認知される可能性もある。

SNS上では様々な人物がアカウントを持っており、その中には志望する企業の社員のアカウントもあるはず。

ただし、SNSのプロフィールや経歴は事実でない可能性もあり、どのような人物と出会うことになるのかは分からないので、身の安全を考えると選択肢の最後の方に置いておくべきだと言える。

連絡をとる

OBの連絡先を入手することができれば、続いて連絡をとる段階に移る。

メールの文例は検索することでたくさん出てくるので、いくつかの例を参考にしながら作ってみた上で、

キャリアセンターや親などにチェックしてもらうことで失礼なメールを送ることは避けることができる。

連絡をとる際に念頭に置きたいのは、

OB訪問の日時、場所は最低限決めておく必要がある。

また、どのようなことを聞きたいのかを事前に知らせておく方が相手にとっても答えやすい。

訪問する

OBと連絡をとることができ、日程と場所が決まれば実際に面談することになる。

相手は社会人といえど同じ人間、礼儀をわきまえた上で、「分からないことを教えて欲しい」と頼られるとついつい嬉しくなって教えてあげたくなる。

また、人の話を聞くことには興味を示さない人物は多いが、

自分の考えや大事にしていることを聞かれるとたくさん話したくなる人物は多い。

相手の自尊心をそっとくすぐりながら、自分の聞きたいことを率直に聞いてみよう。

お礼を伝える

OB訪問が終われば、当日、または翌日にお礼のメールを送ろう。

また、就職活動が終わった時にもその結果を伝えるとなお良い。

就活をきっかけした面談であるため、そのOBとはもう会うことも無いかもしれないが、何かの縁で会ったことには間違いない。

OBにとって、面談した学生の就活はどうなったのか?わざわざ連絡まではしないものの、どこか気になってしまうもの。

どこに就職したかということではなく、無事に終えることができたのかという点を心配していることが多い。お礼の意味も含めて就活の結果を伝えよう。

まとめ

以上の内容をまとめる。

OB訪問は選考上、必須のプロセスではないのでやらなくても良い。

ただし、自分とマッチする企業であるかを確認することをはじめとしてOB訪問により得られるものは多い。

実際にやるとなれば、キャリアセンターや親と相談しながら連絡をとり、率直に聞きたいことを聞いてみよう。

 

就活
シェアする
柳をフォローする
BEST PRACTICE

コメント