政府の緊急経済対策と布マスク配布2枚の衝撃

この記事は約4分で読めます。

仕事が終わって帰ろうとしていたらこんなニュースが流れてきました。

布マスク2枚に経費466億円 菅氏「代替手段はない」

こんな大金を布マスクをたった2枚ずつ配布するためだけに使うのか。

そんなコメントがTwitterや各メディアのコメント欄にあふれていました。

金額が大きすぎてイメージがわきませんが、

この金額が正当なものなのか、少しでも考えられるように深堀しておきたいと思います。

466億円の根拠と是非

466億円というインパクトのある金額がどのようにして計算されたのかを調べてみたところ、

令和2年度予算の予備費から233億円、

さらに4月7日に閣議決定した補正予算から同額の233億円。

この金額を合わせて466億円としているようです。

では、233億円はそもそもどういう数字なのでしょうか?

政府から公表されているこちらの資料を見ると、

医療機関や教育機関へのマスクの供給と全国の5000万世帯にマスクを2枚ずつ配布するとあります。

菅官房長官の布マスク1枚あたり200円というコメントから、

単純に掛け算をすると、2枚×200円×5000万世帯=200億円

おおよそこのような計算になるようです。

追加の33億円が気になりますね。

それを倍にした金額なのですから、

2回マスクを配布するという想定なのでしょうか?

昨日か今日の朝の日経新聞でも、

緊急事態宣言は必要とあらば5/6以降も繰り返し発出する可能性があると報道されています。

コロナウイルスの感染拡大がいつ収束するかわからず、

長期化することが予想される中では、マスク不足は今後も続くと思われるので、

備えをするということ自体はおかしいこととは思いません。

もともと布マスクを配ることがどうなのかという話は一旦横に置き、

なぜいきなり233→466となったのか?

その点があやふやな状態です。

その金額を別のことに使えばもっと感染拡大を防ぎ、

効果のある経済対策を打ち出すことができたのではないか?

同じマスクを生産するにしても、

200億円を財界に配ってマスクの生産工場でも作れば良いという意見があります。

その生産環境を用意するのにどれくらいの費用と時間がかかるのか?

試算したという話は今のところ見当たらないので、比べようもありません。

政府はこれから経済対策として何をするつもりなのかを調べてみようと思います。

緊急対策案

「国策に売りなし」と言いますが、

政府が何を考えてこれからどうしていこうとしているのかを知るのが一番重要です。

国の方向性を知っていないと、どのような分野にお金をはじめとした資源が使われるのかがわからないからです。

興味と方向性に合致するのなら、職業選択を含め自分の進む方向性も変わってくるかもしれません。

新型コロナウイルス感染拡大にあたり、

このリンク先にある内容をおおよその対策として公表しています。

新型コロナウイルス感染症緊急対策

緊急経済対策の概要

主に2つフェーズに分類して対策をしようとしています。

ひとつめは「緊急支援フェーズ」(図の左側)

医療体制の強化や、今日話題になっているマスクなど衛生資材の供給確保など。

お金や生活にかかる内容で言えば、税制措置、中小企業への融資や資金繰り対策、

もっと直接的な話で言えば、30万円(もらえるかどうかは別として)現金給付案などはここに含まれます。

この辺は公表はされているものの、自分で調べてみなければ有利な条件や政策があったとしても知らないままになる可能性が高いです。

30万円の現金給付はかなり条件が厳しいとされますが、

減収証明をもって自己申告の必要があります。

そうした給付をするための条件は待っていてもたまにメディアが報じてくれる程度です。

自分に当てはまる情報があるとも限りません。

結局のところ、自分で検索して調べるしかありません。

ちなみに、事業規模108兆円というのがいまいちよくわかっていません。

108兆円というと、今年度の本予算の額を超えていませんか?

日本の1年間の予算を超えるほどの額ですが、単純にこの金額が使われるということなのでしょうか?さすがに違うような気がしています。

まだまだ調べてみる余地がありそうです。

ふたつめはV字回復フェーズです。(図の右側)

コロナの影響で落ち込んだ消費の喚起を行うとあります。

観光・運輸、イベント、飲食など、

政府がどの分野の産業かを名指しし、公的なお金を使うと言っています。

安直に考えると、しばらくはコロナの感染拡大が続き、

消費はより落ち込んでいくでしょうから、

その間に前述の業種で安くなった株などを買うのはどうかと思ってしまいますね。

それが良いか悪いかは知りませんが、国の考えることを知ることで、

自分の行動も考えることができます。

 

追記

布マスク配布の背景が首相官邸のページに記載されていることがわかりました。

布マスク配布の背景と生産状況

未分類
シェアする
柳をフォローする
Best Practice

コメント