10万円給付の受け取り方法が総務省から発表

この記事は約3分で読めます。

総務省から特別給付金である10万円を受け取るための方法が公開されました。

各市町村から申請書が届くので、記入して返送する形となります。

申請期限は郵送での受け付け開始から3ヶ月ですが、

受け付け開始日は各市町村で決められます。

自身が住む市町村のWebサイトをしっかり確認しましょう。

また、給付金を装った詐欺にも注意しなければなりません。

給付対象者

給付の対象者となるの以下の通りです。

・20202年4月27日の時点で住民基本台帳に記録されている者

・受け取りの権利は世帯主にある

受け取りの方法

受け取りの方法には2通りあります。

郵送での申請

市区町村から受け取りの権利を持つ方に宛てて申請書が郵送されます。

その申請書類に振込先口座を記入。

振込先口座の確認書類と免許証など本人確認書類のコピーと合わせて市区町村に郵送します。

オンラインでの申請

マイナンバーカードを持っていれば、オンラインでの申請をすることができます。

マイナポータルと言うサイトがあるので、振込先口座を入力し、

振込先金融機関の確認書類をアップロード。

また、電子申請をすることで手続き完了となります。

本人確認書類は不要となりますが、マイナンバーカードを持っていない場合は、郵送での申請をする必要があります。

期限

郵送申請方式での受付を開始した日から3ヶ月以内となっています。

申請の受け付け開始日は各市区町村で決定されます。

また、家庭内暴力で避難している場合など、

特別な事情がある場合は事前にそのことについて届出が必要な市区町村もあります。

3ヶ月あるからと考えるのではなく、自分が住んでいる市区町村のサイトを確認するようにしましょう。

問い合わせの注意

今回の10万円の給付に関することや手続きの方法について、

わからないことが出てくる可能性があります。

そのためのサポートとしてコールセンターが用意されていますが、

まずは市区町村や総務省のページで解決できないか、

しっかりと公開されている情報を確認しましょう。

こう言う時にサポートに電話しても繋がるまで待たされることになりやすいです。

待っている間に公式で公開されている情報を探して見つける方が結果的に早く解決することにもつながります。

コールセンターでつながったとしても、長い間待たされた分イライラするでしょうし、

同じような問い合わせを何度も受けている職員もイライラしているため、

気持ちの良い対応をお互いに取ることができないこともあるかもしれません。

問い合わせを行う前に少しでも良いのでWebサイトを見てみましょう。

特別給付金を騙る詐欺に注意

総務省からも注意喚起が行われていますが、給付金を騙った詐欺に注意しましょう。

特に個人情報を聞き出したり、こちら側にお金を扱わせるような連絡には注意すべきです。

こちらに総務省から公表されている注意喚起の文書をリンクしておきます。

それ、給付金を装った詐欺顔知れません!

 

未分類
シェアする
柳をフォローする
Best Practice

コメント