DeFiについて超簡単に調べてみた。

この記事は約3分で読めます。

近頃、話題によく上がっているDeFiについて簡単に調べてみました。

Decentralized Finance(分散型金融)とは?

DeFiとはブロックチェーンネットワーク上に構築される金融のエコシステムです。

これまで金融は銀行や証券会社のような仲介者を通じて投資家と事業者を繋げていましたが、DeFiを用いることで投資家と事業者が直接繋がることができるメリットがあります。

銀行や証券会社が間を取り持ち、中央集権的に金融を行うことはこれまでの世界的な潮流であり、広く用いられているシステムですが、サイロ化されていること、レガシーなシステムであること、不透明な点がありました。

しかし、誰もがアクセスできるDeFiを使えば、仲介者の必要なく、透明性を持った金融を直接行うことができるようになります。

おおよそ、DeFiに分類されるものは次の原則を持っています。

  • 分散型ブロックチェーン上に構築されている
  • 金融業界でのプロジェクト
  • オープンソース
  • 堅牢な開発者プラットフォームがある
  • インターネット接続さえできれば誰でもアクセス可能

代表的な例としては、取引所を介さず、自らのウォレットから直接取引を行うことなどが挙げられています。直接のやりとりを行うので、手数料などが安くなることが考えられます。

他には、設立してからまだ間もない法人や個人事業主として仕事を行なっている方など、これまで一般的に社会的信用が低いとされている人々にとって金融サービスを受けられる可能性が出てきます。

DeFiの種類とユースケース

DeFiのユースケースは次のものが挙げられます。

  • 分散型取引所(DEX)
  • ステーブルコイン
  • 融資
  • 金融派生商品、市場予測

この他にもDeFiに分類されるプロジェクトが多数ありますが、動いているプロジェクトが多すぎて全てを調べて書ききることができないので、代表的なもののみ記載します。

分散型取引所(DEX)

DeFiによって提供される金融サービスは複数存在し、その代表とされる分散型取引所(DEX)だけでも両手の指で数えきれないほどにあります。

分散型取引所(DEX)には、ビットコイン、イーサリアムを筆頭にどのブロックチェーン上で構築されているかなどによっても異なります。

ここでは、その種類をいくつか例示します。

  • BitShares
  • Bisq
  • 0x
  • Bancor Protocol
  • DutchX
  • Hydro Protocol
  • Kyber
  • Loopring
  • Ren
  • Swap
  • Uniswap
  • StellerX

ステーブルコイン

ビットコインやイーサリアムなどは決済などに使うことができます。いわゆる交換機能を持っていますが、値動きが激しいことがデメリットです。

そこで、ドルなどの価格に連動するよう設計され、値動きが落ち着いている安定的なコインが作られています。DeFiではこのステーブルコインを作ることもできます。

融資

既に記載していますが、DeFiを用いて融資を行うサービスが存在します。

現状はイーサリアム上に構築しているケースが多いようです。

参考

Awesome Decentralized Finance

分散型金融(DeFi)の完全入門ガイド

金融(貸借・デリバティブ・トレード等)を分散的に実現するプロジェクト群をDeFi(分散型金融)という。このページではDeFiの概要を紹介しながら、DeFiに分類されるプロジェクト群を紹介する。

Announcing De.Fi

Loopring Joins #DeFi to Build Up The Decentralized Financial System

 

コメント