イーサネットとは?

この記事は約3分で読めます。

イーサネットとは?

  • 同軸、光ファイバー、LANの3つの規格がある
  • 同軸ケーブルはバス型、光ファイバー、LANケーブルはスター型
  • 光ファイバーは高額なため、LANケーブルが主流
  • LANケーブルには、クロスケーブルとストレートケーブルの2種類存在する
  • クロスケーブルはPC同士をつなぐ時に使用し、ストレートケーブルはLANで用いる
  • LANケーブルはストレートケーブルを指すことが多い
  • ストレートケーブルはツイストペアケーブルとも呼ばれ、
  • コネクタの形状は RJ-45規格で統一されている
  • シールド保護のないUTPケーブル、シールド保護のあるSTPケーブルに分かれる
  • 伝送速度によって種類が分けられている

効率良く学習するには

効率良く学習を進めていくには、次の2つを並行して進めることが効果的だと考えます。

  • 実務で必要になった時に調べる
  • 対象の分野について体系的に学習する

体系的にその分野について知見を高めるには、専門家によってまとめられた書籍や動画などを用いて学習することが効果的です。

断片的に調べた知識を蓄えるよりもはるかに効率が良いでしょう。しかし、ただ学習しただけでは実務に役立つとは限りません。

仕事中、ある事について話している時に、聞いたことはあるものの具体的にその言葉が何か説明することはできない。といった状態になってしまう経験はありませんか?

ただ勉強しただけでは実務に結びつけることは難しいですし、言葉の意味を理解していても、その知識をもとに仕事を進めるとなるともう一段難しくなります。

そのため、体系的な学習を進めつつ、業務中に出てきた専門用語などを都度調べることで経験とともに実践的な知識が身につきます。可能であれば実物を触りながらが理想的です。

この記事の位置付けは後者です。

情報システム関連の専門用語が業務中に話題にあがった時に、この記事を読むとその言葉が何を意味するのかがサッとわかる。というのが理想です。

しかし、この記事だけでは断片的な知識にしかならないため、並行して以下の書籍や動画を用いることをお勧めします。

資格試験のテキストですが、絶対に試験を受けなければならないというわけではありません。

こうした情報システム分野の本を一冊一冊購入していくと、書籍代がバカになりません。

前述のテキストは対象外ですが、関連の本ならいくらでも0円で読めるサービスがAmazonにあります。

Kindle Unlimitedです。毎月1,000円程払えば、対象の本は何冊でも読み放題になります。

基礎的な部分を学習する上では、同じ分野であれば内容に大きな違いはありません。

入門部分だけなら、Kindle Unlimitedに登録されている書籍を何冊か読んでみるのも方法の1つです。

 

情シス
シェアする
柳をフォローする
Best Practice

コメント