マウスを使わずセルに入力する[Excel/ショートカット]

この記事は約3分で読めます。

Excelは誰もが使う便利なツールですが、

どれだけショートカットを知っているかによって、

作業スピードが圧倒的に変わります。

今回は、マウスを使わずにセルに入力する方法をまとめます。

Excelに入力する際、

いちいちマウスでダブルクリックしてから入力モードに切り替えていませんか?

そしてその方法が面倒だと感じたことはありません?

そんな方に向けたショートカットをこの記事でまとめます。

F2で編集モードに切り替える

結論から言うと、既に値が入力されているセルには、

F2ボタンを押すことで文末にカーソルが発生し、編集することができます。

キャプチャを載せるほどのものでもないので、

実際にエクセルで試してみてください。

マウスを使わずに入力することができるようになります。

ただ、F2で編集することができるようになっただけでは、

あまり作業スピードは速くならないので、

関連するショートカットも一緒にまとめます。

homeで文頭に移動

F2を押すと、セルに入力されている値の末尾にカーソルが発生します。

セルの先頭を編集したい場合には、

Homeを入力することでセルの先頭に移動することができます。

endで文末に移動

endを入力すると、セルの文末にカーソルを移動させることができます。

すでに文字を入力しているセルの後ろに追加で入力したい時、

そんなつもりはなかったのにEnterで下のセルに移ってしまった時などに、

F2と組み合わせて使うことで重宝します。

作業スピードが早くなる点もありますが、

いちいちマウスに持ち帰るという面倒な動きをしなくてもよくなります。

deleteで次の文字を削除

バックスペースを押すと、前の文字を削除することができます。

一方でdeleteを入力すると、次の文字を削除することができます。

今まで、文末をダブルクリックしたり、

方向キーの右を連打してからバックスペースで削除していませんでしたか?

deleteを知っていれば、そうした煩わしい操作をなくすことができます。

Alt+Enterでセル内改行

Altを押したままEnterを入力するとセル内で改行することができます。

セルの中で改行をしたい。

でもEnterを押してしまうと一つ下のセルに移ってしまう。

そんなもどかしいこともこれで無くなります。

その他

セルに入力するときには3種類のモードがあります。

  • 入力モード
  • 編集モード
  • 参照モード

この3つです。

空白のセルに新しく値を入力するときは、

入力モードと呼ばれます。

既に値が入力されているセルに入力するときには、

編集モードと呼ばれます。

関数の入力中にセル範囲を指定するときには、

参照モードと呼ばれます。

ウインドウの左下に参照モードと表示されています。

コメント