【Excel】条件付き書式で数式を使用して書式を設定する画面の開き方

この記事は約2分で読めます。

WBS・ガントチャートを作成する際、数式を使用して書式設定をすることがあります。

条件付き書式を使うことに慣れていない場合は、この記事で条件付き書式の使い方を確認しましょう。

条件付き書式の設定画面

1~5の設定は条件付き書式の設定を行うため、最初に条件付き書式の設定画面の開き方を確認します。

①ガントチャートエリアを選択

書式を適用させたい部分を選択します。

今回はガントチャートで視覚的に表示させたいエリアを選択します。

つまるところカレンダー部分は全てです。

②条件付き書式で新しいルールを設定する

ホーム>条件付き書式>新しいルール を順に選択します。

③数式を使用して書式設定

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。

条件を指定

「??????」の部分に条件を記載します。

最後に

条件付き書式を使うことで、ある条件に該当するセルの書式を設定することができます。

セルの色を変える、文字の色を変える、罫線を引くなど様々な操作が可能です。

たくさんのデータを扱う際には、上位・下位・その他に特徴的なデータがある場合に、一目でわかるようにすることができます。

次の記事からはWBSを更新することで、自動で更新されるガントチャートを作成することも可能です。

自動更新されるガントチャートの作成方法はこちらの記事にまとめています。

ガントチャートを自動で更新する

コメント