【Python】AtCoder Beginner Contest210 A,B問題 解答

この記事は約2分で読めます。

A問題 Cabbages

 

B問題 Bouzu Mekuri

nはsの文字数。sは文字列として入力されます。

0は良いカード、1は悪いカードであり、先に悪いカードを引いたら負けのゲームを行います。

高橋君が先行でカードを引き始めるので最初の1(悪いカード)が奇数番目であれば高橋君の負け。逆に最初の1(悪いカード)が偶数番目であれば青木君の負けです。

nは整数、sは文字列として入力しています。

[1]

文字列sの文字数であるn回のループの中でi番目の文字列が ‘1’(文字列型)であるかを確認しています。

[2] [4]

i番目の文字列が ‘1’ であれば、さらに条件式を設定しています。

i÷2の余りが1であれば文字列sの中での偶数番目(※)にあたるため、青木君の負け、

余りが1でなければ奇数番目(※)にあたるため、高橋君の負けとして表示させました。

※リストや文字列は0からスタートします。

list = [1,2,3,4,5]

1は0番目の要素、2は1番目の要素・・・5は4番目の要素

[3]

1が複数個あると、その度に高橋君か青木君の名前がprintされてしまうため、最初にprintが実行された時点でexit()でプログラムを終了させています。

 

コメント