GCPでWordPressを使ってブログ開設する方法

この記事は約3分で読めます。

最近、クラウドの勉強をしています。

これまで、MicrosoftのAZ-900、AWSのクラウドプラクティショナーの資格を取得してきました。

合格することはできたものの、やはり実際に使ってみなければどういうものなのかわかりません。

しかし、残念ながら私はクラウド上で展開できるようなサービスは現在持ち合わせていないので、ひとまずブログを開設してみることにしました。

これまでMicrosoftのAzureとAmazonのAWSは試験勉強で触れているので、今回はGCPで開設してみようと思います。

アカウントの開設とログイン

既にGoogleアカウントを持っている場合は、以下のURLにアクセスするとすぐに解説できます。

単にGoogle Cloud Platformと検索しても1ページ目にすぐ出てきます。

Cloud Computing Services  |  Google Cloud
Meet your business challenges head on with cloud computing services from Google, including data management, hybrid & multi-cloud, and AI & ML.

すると、以下のようなページになるので、「コンソールへ移動」をクリックします。

コンソールへ移動をクリック

プロジェクトの作成

コンソールへ移動したら、画面左上の方にある「プロジェクトの選択」をクリックします。

プロジェクトの選択をクリック

画面がポップアップするので、「新しいプロジェクト」をクリックします。

プロジェクトの作成をクリック

プロジェクト名を入力して「作成」をクリックします。

プロジェクト名を入力して作成

これで新しいプロジェクトが作成されました。

続いて、WordPressをインストールしていきます。

プロジェクトが作成された

WordPressの準備

コンソールへ入ったら、画面左上のメニューボタンをクリックします。

メニューをクリック

「Marketplace」へ移動します。

Marketplaceへ移動

仮想マシンの欄にあるWordPressをクリック。

WordPressを選択

「運用開始」を選択。

ここで少し時間がかかるので数分待ちます。

運用開始を選択

Zoneは「asia-northeast1」にすると東京リージョン、「asia-northeast2」にすると大阪リージョンを選ぶことになります。a,b,cはどれでも良いです。

「Machine type」では仮想マシンの種類を選ぶことができます。

今回はsmallとしていますが、これ以外にも選ぶことができ、性能の良し悪しで1か月あたりの費用も変化します。今回はテストなので「small」としました。

そして、管理者のメールアドレスを入力しておきます。

設定を加える

HTTPSの通信を許可を含めチェックを付け、「デプロイ」を選択します。

httpsのアクセスを許可

デプロイが完了すると、URL・先ほど入力したメールアドレス・パスワードが入力されるので、ブログにアクセスすることができます。

後は、アップデートや言語設定、時刻設定を変えた上で好きなプラグインなどを導入し、早速更新していくことができます。

ブログ開設完了

かなり簡単

今回はGCPでブログを試しに作ってみたのですが、正直xサーバーで作るよりもかなり楽です。

Googleアカウントを既に作っているのであれば、メールアドレスの入力をするくらいであとは5,6回クリックしていればもう出来上がってしまうイメージです。

しかも、初めて作成する場合でも10分程度でできてしまいます。

GCPクラウド
シェアする
柳をフォローする
Best Practice

コメント