【ACCESS VBA】ボタンを押したら現在の日付・時刻を自動入力する【業務システム開発】

この記事は約2分で読めます。

ACCESS VBAを学習しています。

今回はVBAを使った完了時の自動入力について学びます。

この記事では、使い方と使用例を掲載しています。

使い方については、よく使う部分だけを抜粋してご紹介しています。

詳細は公式のドキュメントをご覧ください。

説明・パラメータ

 

Windowsのユーザ-名の取得:Environ

Environ関数を使うと、Windowsのユーザ-名を取得することができます。

Windowsのユーザ名を取得する

現在の日付:Date

現在の日付を取得します。

現在の時刻:Time

現在の時刻を取得します。

現在の日時:Now

現在の日時を取得します。

使用例(コード)

完了ボタンを押すと現在の日時などを自動入力する

Meは自身のフォームを指しています。

Me!コントロール名とすることで、自身のフォーム内にあるテキストボックスなどのコントロールを指定して値を入力することができます。

→コントロールへの入力

「入力完了」ボタンを押すと、「完了日」、「完了時刻」、「完了日時」の3つが自動的に入力されるようになりました。

参考

公式ドキュメントです。

Date 関数 (Visual Basic for Applications) | Microsoft Learn

Time ステートメント (VBA) | Microsoft Learn

Now 関数 (Visual Basic for Applications) | Microsoft Learn

ACCESSの記事を一覧にしています。ACCESS VBAの正式な情報は公式ドキュメントを読むべきですが、このサイトでは実際に使う場面を想定して紹介しているので、公式ドキュメントと併せて読んでいただくと理解が深まると思います。

ACCESS記事一覧

コメント