情シス

【情シス】システムの導入から運用までの一連の流れを知ろう

システムの導入〜運用の一連の流れを知る コロナウイルスの感染拡大の影響で、ビジネスチャットやTV会議の需要が急激に高まっています。 これに伴い、勤め先でも導入したシステムがいくつかありました。 情シス部門で仕事をするにあたり、...

令和2年の情報処理技術者試験が中止に

今年の春の情報処理技術者試験の実施が中止になりました。 応用情報技術者試験への受験を予定していたのですが、 コロナウイルスの感染拡大による影響なのでこれは仕方がありません。 中止に伴って受験料はどうなるのか? まさか...

理系学生・新人エンジニアは「マスタリングTCP/IP 入門編」を読もう

ネットワークの分野に興味・関心がある エンジニアになりたい 大学で関連する学部・学科に在籍している IT部門に配属・異動になった これらの条件に当てはまる方は、この本を読むことで今後に役立つ可能性が極めて...
就活

就活生にとって役立つオススメの本を紹介する

業界研究に使える業界地図 業界研究をしたいのならこれらの業界地図が役に立つ。 東洋経済新報社と日経の2種類がある。 両方買う必要まではないが、特集の内容、まとめられ方はそれぞれ違うので両方目は通しておきたい。 ...

年収1億円になる人の習慣[本]

タイトルが直球すぎて人がいるところで読むのはちょっとはばかられる本だったが、 せっかく読んだので簡単に内容をまとめる。 と言っても、書いてあることに突飛なことは少なく、意外と普通のことだった。 仕事は質よりもス...
仕事

ドトールコーヒー「勝つか死ぬかの創業記」を読了[レビュー・感想]

本を読んで思わず本店に行ってしまうほどに面白かったのでこの記事でまとめたい。 「ドトールコーヒー 「勝つか死ぬか」の創業記」を読んだ。 タイトルの通りドトールコーヒーを創業した鳥羽博道さんが著者の本。 先日、お勧めされたの...

「年収1億円になる人の習慣」を読書中

タイトルを見ればその人が何を考えているかがストレートに伝わってしまうし、 この本を読んでいる人を見かけると、正直バカっぽいと感じてしまうかもしれない。 年収1億円なんて絶対にできないと思うからだ。 しかし、年収1億円以上を...

本を読むときはマーカーと付箋を貼りながら読もう。

紙の本を読むときにはマーカーと付箋を貼りつけながら読むのが良い。 どの部分が重要な文章なのかを考えながら読むことになるから理解が深まることと、 しっかりと読んでいるという実感が湧くこと。 それから後で読み返したときに成長が...
お金

自分の人生の面倒は自分で見なければならない

ロバート・キヨサキが著者である「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント 改訂版」を読んでいる。 2章まで読み終えたのでここまでで感じたことを書き残しておきたい。 前回はこちら 自分の面倒は自分でみる ここ数年、...
お金

「懸命」に働いているのか、「賢明」に働いているのか

ロバート・キヨサキのお金に関する本を読んでいる。 印象に残った部分があるので今回も書き残しておきたい。 前回はこちら 水の話 この本の冒頭に水の話がある。内容はこのようなものだ。 ある村では水不足になっ...